ピッコマ 違法サイト

ピッコマは、無料で漫画を読める人気サイトの一つです。しかし、「ピッコマは違法サイトでないか」「怪しい」という声をネット上で多く見受けられます。

無料でたくさん漫画が読めて便利なピッコマですが、よくある違法サイトと同じではないでしょうか...?

 

ピッコマは全く違法ではない健全なサイト運営を行っています。

 

 

この記事を読むと、安心してピッコマを利用できるようになります。

 

 

\無料登録3分!タダでポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

 

もっとお得に電子書籍を楽しもう!
  • ポイントサイトの「ポイントエニタイム」を経由すると、コミックシーモアやLINEマンガなどの人気動画配信サービスをお得に試せる!
  • 換金は300円から!貯まったポイントは、現金やAmazonギフト券、ANAマイルなどと交換できる!
  • メディア実績多数!SSL化でセキュリティ対策もOK
  • 2分で無料登録完了!迷惑メールや営業電話などは一切なし(解約も簡単)

 

ポイントエニタイムバナー_728x90

ピッコマが違法サイトや怪しいと言われる理由

無料で読めるコンテンツが多い

ピッコマは、1日に無料で読める作品が他社と比較して多いです。他社のサイトやアプリとは仕組みが異なり、ポイントやコインなどのアイテムに対して時間制限をかけていません。代わりに作品ごとに時間制限をかけています。

そのため、同一の作品でなければ1日に何冊でも無料でコンテンツを楽しめます。他のサイトとは異なったシステムを採用しているため、怪しく見える可能性があります。

他の違法の漫画サイトがニュースで取り上げられるため印象が悪い

昨今、違法の無料漫画サイトが度々ニュースで取り上げられています。そのため、無料で漫画を読めるサイト自体が風評被害を受けている節があります。

実際、「マンガ村」というサイトは全国ニュースで検挙が報道され、実際に大手キャリアなどが異例の通信遮断を施すなど、大きなニュースになりました。

このように違法サイトは確かに存在しますが、ピッコマは違法サイトではないため安心して利用しましょう。

ピッコマは当てはまる?違法サイトの特徴

ここまでピッコマは違法サイトでないと申し上げましたが、まだまだ不安な方も多いと思います。ここでは、違法サイトに多い3つの特徴に、ピッコマが当てはまっているのかどうかを見ていきましょう。

著作権管理団体のロゴマークがない

違法サイトは、著作権管理団体のロゴマークがなかったり、捏造していたりすることがあります。ピッコマではABJマークの掲示がされており、実際にABJのサイトでもピッコマは掲載されています。

ABJマークとは、電子書籍店あるいは電子書籍配信サービスが、著作権者から許可をもらっていることを示すマークです。第三者機関が間に入って認定をしているため、信頼性の高いものになります。

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

「著作権に問題があればご指摘ください」と記載されている

「著作権に問題があればご指摘ください」と記載しているサイトは、違法サイトの可能性があります。なぜなら、健全なサイトは著作権の問題についてクリアした上で配信しているため、わざわざユーザーに指摘をさせません。

そのため、上記のような掲載文があるということは、著作権の問題に不安がある状態で配信している証拠に他ならないといえます。ピッコマのサイト内には、このような類の表記はありません。

「日本国外で運営している」と記載されている

日本国外で運営しており、日本で漫画を配信しているサイトは、違法サイトの可能性が高いです。なぜなら、国外にサーバーを置いている場合は、国外の法律が適応されるためです。一部の国では法律が整備されてなく、著作権の法律に穴が多い場合があります。

日本では違法でも、その国の法律に照らし合わせると、違法ではないことがあります。例えば、ソマリアは著作権に関する法律が未制定となっています。

その点、ピッコマの運営母体であるkakaoJapanの所在地は東京で、さらに運営実績も10年以上あります。この点からもピッコマは、安心して利用できると言えるでしょう。

 

\無料登録3分!タダでポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

 

ピッコマは合法なので安心して利用しよう

上記の内容を総合的に考慮すると、ピッコマは合法なサイトであると言えます。「違法サイトではないか」と疑われるほど無料コンテンツを多く読めるのは、冒頭でお伝えした通り配信形式が他のサイトと比べて特徴的であるためです。

ピッコマは、作品ごとにライフが管理されており、タイトルごとに決められた時間で閲覧可能となります。一方、有名サイトである「マンガワン」は、すべての作品で共通して利用する「ライフ」が一定時間で回復する形式を取っています。

そのため、マンガワンでは1日に読める作品数に上限があるのに対して、ピッコマでは同タイトル作品以外は1日の上限なしで読めます。

 

 

\無料登録3分!タダでポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

 

ポイントエニタイムバナー_728x90
電子書籍の関連記事
  • 刃牙(バキ)を漫画で読む順番はコレがおすすめ!最新シリーズやスピンオフ作品も徹底解説
  • カイジを見る順番はコレに限る!漫画・映画・アニメに分けて徹底解説
  • 漫画のまとめ買いにおすすめの作品は?安いお店や電子書籍サイトも紹介
  • 漫画を安く買う方法を徹底解説!電子書籍や紙の中古本はどこで買うのがお得?
  • flier(フライヤー)の料金プラン一覧!無料期間以外で安く利用する方法!
  • 本の要約アプリflier(フライヤー)の口コミ評判!実際の利用者の感想・評価も紹介!