1位 スマイルゼミ

  • 楽しみながら学習習慣が身につき、継続して学習できる通信教育
  • タブレットですぐに始められる、楽しく学習できる
  • ポイントエニタイムからの無料資料請求で、今なら100円分のポイントゲット!

2位 ユーキャン

  • 様々な講座があり、添削指導が受けられる
  • 自身のペースで学習を進められ、模擬試験でしっかり試験対策ができる
  • ポイントエニタイムからの申し込みで、今なら3500円分のポイントゲット!

「介護食の資格を取得してみたいけれど、どのような種類や違いがあるのだろう」

「どの資格が自分に合っているのかイマイチわからない」

このように介護食に興味があるものの、資格については詳しくわからない方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、おすすめの介護食の資格5種類を徹底的に比較して紹介していきます。取得方法やメリットについても触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、介護食の資格の中でも最もおすすめなのは、formieで取得可能な「介護食コンサルタント」の資格です。

介護食コンサルタント資格取得講座は、ポイントサイトの「ポイントエニタイム」を経由して申し込めば、300円分のポイントがもらいつつお得に受講できます。ぜひ活用してみてください。

\300円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる! ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!
ポイントエニタイムバナー_728x90

介護食の資格5種類の比較一覧表

資格名 主催団体 受講費用 資格概要
介護食コンサルタント 一般社団法人日本能力教育促進協会(JAFA) 約35,000円 ・介護食の基礎知識や重要性を学べる
・現場で使える実践方法を学べる
介護食コーディネーター 一般社団法人日本味育協会認定 約30,000円 ・高齢者に必要な栄養や食事介助の知識を学べる
・介護食の調理法や配膳を学べる
介護食アドバイザー 一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP) カリキュラム受講料 約40,000円、受験料 5,600円 ・高齢者の正しい食に関する知識を学べる
・高齢者の心理や病気の基礎知識を学べる
介護食マイスター 日本安全食料料理協会(JSFCA) 10,000円 ・介護食の基礎知識を習得できる
・実際の食事の手順や工夫を学べる
介護食士 公益社団法人 全国調理職業訓練協会 70,000〜90,000円

※認定校により異なる

・介護食、医学、心理学などを総合的に学べる
・3~1級とレベルがある・講習会を受講する必要がある

いずれの資格も、高齢者の食事に関する基礎知識が学べます。

中でもformieで取得可能な介護食コンサルタントは、現場で活かせる資格であるだけでなく短期間での取得が目指せるため、最初の資格としておすすめです。

在宅で勉強と受験ができることはもちろん、専門的な知識を身につけられる資格の中では受験費用が安い点もポイントとなります。

\300円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる! ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

介護食でおすすめの資格は5種類!取得方法も紹介

ここでは、おすすめの介護食の資格を5種類ほど紹介していきます。受講条件や取得方法などまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

介護食コンサルタント

受講料 約35,000円
受講条件 特になし
所要期間 約1ヵ月
取得方法 協会認定講座を受講後、Web上で試験を受ける
試験日程 いつでも受験可能

formieで取得可能な介護食コンサルタントの資格は、食事に関することはもちろん、心構えや具体的な介護方法・調理方法などを総合的に学ぶことができます。

約1ヵ月間と短期間の学習で、受講料を抑えつつも実践的な介護食を提供する力を身につけられるのが特徴で、最初に取る資格として最もおすすめです。

講習などに通うことなく、試験勉強から受験までできるため、仕事や子育てなどで忙しい方にもおすすめの資格となります。

介護食コーディネーター

受講料 約30,000円
受講条件 特になし
所要期間 約3ヵ月
取得方法 受講期間内に添削課題を3回提出。3回目の課題が認められれば合格。
試験日程 いつでも受験可能

介護食コーディネーターの資格では、高齢者にとって安全でおいしく、食べやすい食事の調理スキルや工夫を学ぶことができます。

提供される教材は、50種類のレシピが掲載された料理本と調理DVDがセットになっており、実践的な調理を学べるのが特徴です。介護の現場で介護食のレパートリーを増やしたい方には、特におすすめの資格となります。

介護食アドバイザー

受講料 カリキュラム受講料 約40,000円、受験料 5,600円
受講条件 特になし
所要期間 約3ヵ月
取得方法 協会指定の認定教育機関で全カリキュラム修了後、在宅で受験
試験日程 いつでも受験可能

介護食アドバイザーの資格では、栄養学や介護食の基礎知識だけでなく、高齢者の病気や心理についても学ぶことができます。偏りなく知識を身につけられるため、介護食の基礎を固めたい方には特におすすめの資格です。

介護食マイスター

受講料 10,000円
受講条件 特になし
所要期間 2〜6ヵ月
取得方法 協会指定の試験で合格
試験日程 偶数月の20~25日が試験期間。月末までに答案を送付。

介護食マイスターの資格は、介護食の種類や作り方はもちろん、食事介助の方法などの基礎知識を有する証明になります。

受講料が紹介する中では最も安く、在宅で受験も可能です。マイペースでじっくりと介護食の基礎を習得したい方はもちろん、費用を抑えつつ福祉施設などで活躍したい方にもおすすめです。

介護食士

介護食士の資格を取得するには、介護食士の講習会を大学や専門学校に入学して受講するか、一般向けに開講している施設で受講するかの2つの方法があります。

また、介護食士の資格は3~1級と分かれており、受講条件が異なるので事前にチェックしておくことが大切です。では、それぞれの資格について解説していきます。

介護食士3級

受講料 約70,000〜90,000円

※認定校により異なる

受講条件 特になし
所要期間 4〜6ヵ月
取得方法 講習受講後に試験を受ける
試験日程 認定校により異なる

介護食士3級では、25時間の学科と47時間の実習を受けることで、介護食の基礎知識・心理学・栄養学などを習得できます。どなたでも受講可能なので、介護食に関する基礎知識だけでなく専門的な知識も身につけたい方におすすめです。

介護食士2級

受講料 約70,000〜90,000円

※認定校により異なる

受講条件 3級を取得済み
所要期間 4〜6ヵ月
取得方法 講習受講後に試験を受ける
試験日程 認定校により異なる

介護食士2級では、15時間の学科と56時間の実習で、さらに専門的な医学・栄養学・食品学の知識を習得できます。調理実習の時間も豊富に用意されているため、実践的なスキルを身につけたい方におすすめです。

介護食士1級

受講料 約70,000〜90,000円

※認定校により異なる

受講条件 介護食士2級を取得した後、2年以上介護食調理の実務に従事した25歳以上の方
所要期間 4〜6ヵ月
取得方法 講習受講後に試験を受ける
試験日程 認定校により異なる

介護食士1級では、32時間の学科と40時間の実習で、栄養状態の判定や食品と薬との関係など、2級に比べより専門的な知識を習得できます。すでに現場で活躍をしていて、指導する立場の方に特におすすめです。

\300円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる! ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

介護食の資格取得をする4つのメリット

ここからは、介護食の資格を取得することで得られるメリットについて解説していきます。

就職・転職するときにアピールできる

近年は介護業界全体で人手不足が深刻化する一方で、求人はそれほど多くなってはいません。介護食は、栄養面や衛生面で専門性が問われる仕事のため、資格で専門知識をアピールできれば、就職で有利になる可能性は高くなります。

患者や施設利用者からの信頼度がアップする

すでに現場で働いている方でも、高齢者の心理に配慮した食事提供や安全な提供方法について、より深く学ぶことが可能です。

学んだ専門知識により、患者や施設利用者に寄り添った行動をとれたり、万が一の際に慌てることなく対処できたりと仕事の質を向上できます。結果として、周囲の方からの信頼度もアップするわけです。

指導・アドバイスができるようになる

施設や病院を利用する高齢者が増える中で、食事へのアドバイスの需要も高まっています。

資格により、医療機関やケア施設に勤めている方だけでなく、ご両親の介護をしている方にも専門的な指導やアドバイスができるようになります。

生涯役立つ健康維持の知識を得られる

介護食の知識を身につけることは、自分や周囲の方の健康を維持するためにも、年代問わずメリットになります。将来的な親の介護や体調に合わせた食事法など、日常的に資格のスキルを活用できる点も魅力です。

\300円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる! ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

独学でプロの知識を身につけたい方は介護食コンサルタントがおすすめ

独学で介護食の資格取得を目指すなら、formieで取得可能な「介護食コンサルタント」が最もおすすめです。オンライン上で学習と受験ができ、短期間で実践的な知識を習得できます。

また、formieはスマホで手軽にプロの知識を学べる資格取得サービスです。そのため、介護食コンサルタントの受講ハードルも高くなく、初めて取得する介護食の資格としても最適です。

formieには、33,000円の「一括購入」と初回980円の「資格取り放題(サブスク)プラン」の2種類があります。資格取り放題プランなら、複数講座を同時に学べるため特におすすめです。

ポイントサイトであるポイントエニタイムを経由すればお得に受講できるため、介護食コンサルタントを目指す方は、積極的に活用すると良いでしょう。

\300円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる! ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

まとめ

今回の記事では、介護食の資格について紹介してきました。ポイントを以下にまとめます。

  • おすすめの介護食の資格は5種類ある
  • 独学で介護食の資格を習得するなら介護食コンサルタントがおすすめ
  • 介護食コンサルタントは「formie」からの申し込み可能

介護食コンサルタント資格取得講座を少しでもお得に申し込みたい場合は、ポイントエニタイム経由がおすすめです。なお、貯めたポイントは、1ポイント1円として現金や電子マネーに交換できます。


ポイントサイトを上手に活用しながら、介護食コンサルタントの資格を取得していきましょう。

\300円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる! ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!
ポイントエニタイムバナー_728x90
教育の関連記事
  • マクロビオティックの資格はこの6種類がおすすめ!独学方法や取得メリットも徹底解説
  • 介護食の資格5種類を徹底比較!取得方法やメリットも解説
  • オーガニックの資格でおすすめの種類7選!独学する方法や役立つ仕事も徹底解説
  • スポーツフードスペシャリスト資格とは?活かせる仕事や試験の合格率、口コミ評判も解説
  • 紅茶の資格を取得するならどれがいい?おすすめの資格6種類を紹介
  • チョコレートソムリエとはどんな資格?難易度や仕事への活かし方も解説