「MOSの資格を取得したいけど、本当に役に立つの?」
「取得してみたいけど費用はどのくらい?」
「資格取得はどのくらい難しいのか知りたい」

MOSの資格に興味があるけれど、どのように取得するのかやどのように勉強したらいいのか迷う方もいるのではないでしょうか?

この記事では、MOSの資格の勉強方法や取得するメリットを詳しく紹介していきます。

なお、ユーキャンの「マイクロソフト オフィス スペシャリスト講座」を受講すれば、PCスキルの証明となり、仕事に存分に活かすことができます。

なお、申込みするだけでポイントを獲得できるので、講座を受講する際はポイントエニタイム経由がおすすめです。お得にポイントをもらいながら、楽しくMOSの資格取得に努めましょう。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

ポイントエニタイムバナー_728x90

MOSの資格は役に立たない?どんな資格?

マイクロソフト オフィス スペシャリストの略であるMOSは、WordやExcelなどのマイクロソフト・オフィス製品の利用スキルを証明する資格のことです。

一般レベルと上級レベルがあるので、ご自身のスキルに合わせた資格を取得できます。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

MOSの資格が役に立たない、意味ないと言われる3つの理由

MOSの資格はPCスキルの証明となるので、実用性が高く、転職にも有利になります。

しかし、MOSの資格は「役に立たない」「意味がない」と言われることがあります。ここでは、なぜそのように言われてしまうのか、理由を見ていきましょう。

難易度が低く取得しやすいから

1つ目は、他のIT系や情報系の資格の中でも難易度が低いことが挙げられます。

「プロジェクトマネージャー」や「ITコーディネータ」「CG-ARTS検定(マルチメディア検定エキスパート)など、IT系や情報系の資格は非常に種類が多いです。その中で比較するとMOSは取得しやすい部類に入りますが、決して簡単に取得できる資格というわけではありません。

取得している人が多いから

2つ目は、取得者の数が多いことが挙げられます。そのため需要のある資格ですが、他のIT系や情報系の資格と比較してしまうと差別化しづらい傾向にあります。

費用が高めに設定されているから

3つ目は、取得の費用が高いことです。作業効率がグッと上がり、転職やキャリアアップにも有利になりやすい資格ですが、費用と実用性を考慮すると、あまり見合わないのではという声があります。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

MOSの資格を取得するメリット

先ほどご紹介したように「取得しやすい資格」「取得者が多い」「費用が高い」と言われやすいMOSですが、MOSの資格を取得することで得られるメリットは十分にあります。
具体的にどのような場面で役に立つのか見ていきましょう。

実務に役立つスキルを習得できる

MOS試験の勉強をする中で非常に実用性の高いスキルを取得することができるので、すぐに仕事に活かすことができます。MOSの試験では一般企業の資料作成業務に沿った出題もあります。取得を目指し、学習をするだけで高いスキルを身につけることができます。

履歴書に記載できる

履歴書に記載できることが、2つ目のメリットとして挙げられます。どんなに作業効率が良い方でも、資格がないとスキルを証明できず、転職で採用担当者の目に止まることはあまりないでしょう。特に事務職の転職を考えている方は、非常に有利になりやすい資格です。

世界に通用する国際資格

MOSはマイクロソフト社が認定した、国際的なパソコン資格です。取得しやすい、取得者が多いといったイメージが強いですが、世界的に共通する資格なので、取得することでスキルの説得力につながります。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

MOSの資格の試験概要|試験内容や受験料

このように、MOSを取得することで実用性の高いスキルを取得でき、転職にも有利なことがわかります。それでは、具体的にどのような試験内容なのか、試験日程や受験料、申し込み方法など詳しく見ていきましょう。

願書申込み受付期間 全国一斉試験と随時試験によって異なる
試験日程 全国一斉試験と随時試験によって異なる
スペシャリストレベル(一般)の試験内容 Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlook
エキスパートレベル(上級)の試験内容 Word、Excel、Access
受験地 自身で選択可
受験料 【スペシャリストレベル】
一般価格10,780円(税込)
学割価格8,580円(税込)【エキスパートレベル】
一般価格10,780円〜12,980円(税込)
学割価格8,580円〜10,780円(税込)※受験する科目によって異なる
合格発表日 試験後にWEBページにて表示
受験申込・問合せ先 オデッセイコミュニケーションズ カスタマーサービス
願書申込み受付期間 全国一斉試験の場合:1ヶ月前まで
随時試験の場合:1週間前まで(会場により異なる)

MOSの試験は、試験日があらかじめ設定されている「全国一斉試験」と、自分で試験日を設定することができる「随時試験」の2パターンから選択することができます。

全国一斉試験は基本的に月に1〜2回開催され、大手のパソコン教室で行われることが多いです。一方、随時試験はパソコン教室や試験センターで行われ、場所も日程も自分で選択することができます。
つまり、随時試験の方が自分の都合に合わせやすく融通が効きやすいですが、全国一斉試験と試験内容は全く同じです。そのため、どちらで試験を受けても同等の評価を得ることができるので安心して受験できます。

スペシャリストレベル(一般)の試験内容

スペシャリストは実務重視のため、Word・Excel・PowerPoint・Access・Outlookの基本的な機能が中心です。初心者の方でも合格を目指すことができます。

また、MOSには2013や2016などバージョンごとに種類があります。出題内容に大きな違いは有りませんが、ファイルを完成させたり、複数のプロジェクトを完成させたりと、出題形式は異なります。

エキスパートレベル(上級)の試験内容

「既存の業務を改善する」「フォーマットを新たに作成する」などの、ワンランク上の生産性とスキルが求められます。

スペシャリストを取得せずに、いきなりエキスパートの取得を目指すことも可能です。しかし、スペシャリストよりもさらに上の技術を求められますが、出題問題の関連はなく、試験内容そのものも大きく異なります。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

MOSの資格試験の難易度|独学で合格はできる?

MOSの合格率は正式には非公開ですが、スペシャリストは約80%、エキスパートは約60%の合格率とされています。

比較的易しいスペシャリストレベルであれば、独学でも取得はしやすいです。しかし、難易度が上がるエキスパートを目指す方や、パソコンのスキルに自信がない方は通信講座がおすすめです。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

MOSの資格取得を目指すのであればユーキャンの資格講座がおすすめ!

MOSの資格取得を目指すなら、ユーキャンの「マイクロソフト オフィス スペシャリスト講座」がおすすめです。
テキストがわかりやすいだけでなく、パソコン動作を動画で学ぶことができたり、付属のCD-ROMで模擬テストを受けることもできます。

さらに、わからないことがあればすぐにメールで質問することができるのも大きな魅力です。MOSの勉強でわからないパソコン動作があっても、すぐに解決することができるでしょう。

29,000円の受講料で最短1ヶ月で取得ができるので、「すぐに取得したい」「パソコンのスキルに自信がない」という方でも安心して取得を目指すことができます。

ポイントをもらいながらMOSの資格を取得したい方は、ぜひポイントエニタイム経由でユーキャンに登録してみましょう。ポイントエニタイム経由でユーキャンに登録すれば、3,500ポイントをもらいながら資格取得を目指せます。


\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

ポイントエニタイムバナー_728x90
教育の関連記事
  • オンスクの評判や口コミ!良い意見から悪い意見まで、利用者の感想を紹介!
  • 簿記検定の種類を解説!日商・全経・全商のレベルの違いを紹介!
  • 簿記3級は難しすぎる?難しい、難易度が上がったと感じる方向けの対策法を紹介
  • 簿記3級の合格率は低い?2021(158回)や2022(159回)の結果から2023(160回)を予想
  • 簿記2級の合格率はどのくらい?2021(158回)のデータや直近の合格率推移を紹介
  • MOS資格の難易度は?スペシャリスト・エキスパートはそれぞれどのくらい難しいか考察!