MOS資格はオフィスワークを行う人であれば、持っていて損はない資格です。しかしながら

「MOS資格受験を控えているが、難易度はどうなのだろうか」

「MOS資格を取りたいけれど、難易度が高すぎないか心配」

このように、MOS資格の難易度について、不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、MOS資格の難易度について解説していきます。合格率やおすすめの学習方法についても紹介しておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

なお、MOS資格を取得したいなら、ユーキャンで学習するのがおすすめです。さらにポイントサイト「ポイントエニタイム」を経由して申し込むと、ポイントが獲得できるのでお得に勉強をスタートできます。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

ポイントエニタイムバナー_728x90

MOS資格の難易度レベルには2種類ある

MOS(Microsoft Office Specialist)は、マイクロソフト社の認定試験です。WindowsOSのパソコンに入っている「Microsoft Office」の操作スキルを図るもので、全世界共通の資格になります。

MOS資格試験の対象となるソフトは、「Word(ワード)」「Excel(エクセル)」「PowerPoint(パワーポイント)」「Access(アクセス)」「Outlook(アウトルック)」の5種類です。1種類の科目ごとに受験ができます。

科目は、さらに2つの難易度レベルが設定されています。

  • 一般レベル(スペシャリスト)
  • 上級レベル(エキスパート)

それぞれ解説していきます。

一般レベル(スペシャリスト)

スペシャリストは、難易度としては一般レベルと言えるでしょう。基本的なOS機能を理解している人向けの難易度と言えます。

普段のオフィス業務に活かしたいなら、スペシャリストがおすすめです。スペシャリストでは、「Word(ワード)」「Excel(エクセル)」「PowerPoint(パワーポイント)」「Access(アクセス)」「Outlook(アウトルック)」5種類すべてのソフトの受験が可能です。

上級レベル(エキスパート)

エキスパートは、高度な機能を理解している人向けの難易度です。スペシャリストの上級レベルと言えるでしょう。

データ集計や文書管理など、業務の効率化を図りたいならエキスパートが適しています。なお、エキスパートで受験できるのは「Word(ワード)」「Excel(エクセル)」の2種類のみです。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

MOS資格の難易度を合格率や合格点、出題範囲から考察

MOS資格の難易度を、合格率や合格点、出題範囲から考察します。なお、スペシャリストとエキスパートのそれぞれについてご紹介します。

合格率

MOS資格の合格率は公開されていません。しかしパソコンスクールなどの独自の調査によると、スペシャリスト・エキスパートともに、資格試験としては高めの合格率になっています。

スペシャリスト

一般(スペシャリスト)の合格率は非公開ですが、約80%と言われています。

エキスパート

上級(エキスパート)の合格率も非公開ではありますが、約60%と言われています。

合格点

MOSの合格点について、スペシャリストとエキスパートごとに見ていきます。

スペシャリスト

スペシャリストの合格点について、一般的には1,000点中700点以上を目指すと良いといわれています。なお公式から科目ごとの点数は発表されていませんが、目安として550~800点の範囲とされています。

エキスパート

エキスパートでも、一般的に1,000点中700点以上がとれると合格するケースが多いといわれています。こちらも公式からは合格の目安として550点~800点ぐらいと提示されています。

なお点数に幅があるのは、ソフトのバージョン更新のタイミングで平均点に変動があるからというのが一般的な見解です。バージョン更新の直後で合格者が少ない場合、合格点を下げて合格人数の調整を図っているようです。

出題範囲

スペシャリストとエキスパートで共通して受験できる科目には、「Word(ワード)」「Excel(エクセル)」があります。スペシャリストとエキスパートではそれぞれ出題内容が異なるので、より専門性を高めたいのであれば、両方合格するのが理想です。

もちろん、どちらかの試験だけを受験することもできます。また、ソフトのバージョンで多少出題範囲が異なりますので、詳細は公式サイトを確認するようにしてください。

スペシャリスト

スペシャリストの出題範囲は、一般的なOS操作の内容が中心になっています。WordとExcelの出題範囲を、MOS365&2019を例に見ていきましょう。

Word365&2019の場合

  • 文字、段落、セクションの挿入と書式設定
  • 表やリストの管理
  • 参考資料の作成と管理
  • 文書の共同作業の管理

Excel365&2019の場合

  • ワークシートやブックの管理
  • セルやセル範囲のデータの管理
  • テーブルとテーブルのデータの管理
  • 数式や関数を使用した演算の実行
  • グラフの管理

エキスパート

エキスパート(上級レベル)におけるWordとExcelの出題範囲を、MOS365&2019を例に見ていきます。エキスパートは、より専門性や難易度が高く、業務効率に関わる操作について出題されています。

Word365&2019の場合

  • 文書のオプションと設定の管理
  • 高度な編集機能や書式設定機能の利用
  • ユーザー設定のドキュメント要素の作成
  • 高度なWord機能の利用

Excel365&2019の場合

  • ブックのオプションと設定の管理
  • データの管理、書式設定
  • 高度な機能を使用した数式およびマクロの作成
  • 高度な機能を使用したグラフやテーブルの管理

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

難易度が高いMOS資格を攻略!おすすめの学習方法

MOS資格の合格率をあげるなら、以下の学習方法が有効です。

1ヵ月半集中して取り組む

MOS資格には1ヵ月半ほどの学習が目安とされています。

しかし、あくまで目安なので、必要な期間には個人差があります。マイクロソフトオフィスのソフトを全く操作したことがない人の場合であれば、もう少し期間を設けた方が賢明です。

また、MOS資格の受験日を最初に決めてしまうのがおすすめです。目標がはっきりするので、モチベーションを保つのにも有効です。MOS資格の受験日までにどのくらいの時間があるか逆算して、1日の学習時間を決めましょう。

とにかくパソコンに触れる

MOS資格試験は、いかに実際に手を動かせるかが問われる資格です。試験内容は実技のみになっているので、とにかくパソコンに触れてソフトの操作を行うことが重要です。

テキストを読む時間も大切ですが、MOS資格の合格には体に叩き込むことが欠かせません。

なお、ソフトのバージョンで画面の表示や項目が異なるので、PCソフトは自分が申し込んだ試験のバージョンに合ったものを使用しましょう。

独学が不安なら通信講座を利用する

MOSの勉強方法として、まず検討するのは独学ではないでしょうか。もちろん、ある程度知識に自信があるなら独学でも良いかもしれません。
ただ、MOS資格に短期間で挑みたい方や、パソコン操作が初心者で不安がある方には、学習ノウハウが蓄積された通信講座がおすすめです。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

高難易度のMOS資格の学習ならユーキャン

MOS資格の学習には、ユーキャンの通信講座がおすすめです。その理由は大きく3つあります。

分かりやすいテキスト

ユーキャンのテキストは練習問題形式で機能や操作の方法を学べます。ステップが細分化されており、実際のPC画面の拡大図などが豊富に載っているので、PC操作に不安がある人でも、分かりやすいテキストで学習に取り組みやすいです。

短期間で合格に導くカリキュラム

ユーキャンのカリキュラムは何度も改善を重ねているので、要点が絞られています。そのため、パソコン初心者でも短期で合格力が身に付きます。
さらにユーキャン受講生専用のインターネットサービス「学びオンライン プラス」を使えば、スマホでスキマ時間も勉強時間に充てることができます。

質問対応など手厚い学習サポート

ユーキャンの講座は、質問対応など学習サポートが手厚いです。パソコンやスマホからのメールはもちろん、郵送での質問にも対応してくれます。独学の場合のように、わからないところがそのままになってしまう心配がありません。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

まとめ

今回は、MOS資格の難易度や合格基準、おすすめの勉強方法についてご紹介しました。

MOS資格は、パソコンを全く触ったことのない人にとっては、難易度の高い資格かもしれません。もちろん独学で合格する方もいますが、効率的にMOS資格に合格したいなら、ユーキャンの受講をおすすめします。

なお、資格試験の勉強をお得に始められる「ポイントエニタイム」をぜひ活用してみましょう。

ポイントエニタイムを経由してユーキャンに申し込むと、ポイントが獲得できるので、ぜひチェックしてみることをおすすめします。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

ポイントエニタイムバナー_728x90
教育の関連記事
  • 薬膳コーディネーターとは?難易度やメリットを解説
  • 野菜スペシャリストは独学でも学べる?難易度や最短の勉強時間を解説
  • お掃除スペシャリストとはどんな資格?独学できる?難易度や試験内容を解説
  • 整理収納アドバイザーを仕事に生かすには?求人募集例や仕事内容を解説
  • 食生活アドバイザーの試験は自宅で受けられる?在宅受験できる他の資格も紹介
  • 食生活アドバイザーは仕事に役に立つ?具体的な求人例も紹介