色彩検定は色の基礎や技法など、色に関する幅広い知識および技能を認定する公的資格です。文部科学省が後援しており、色について理論的・体系的な知識を学べます。

「必要な勉強時間や期間は?」
「おすすめの勉強方法を知りたい」
といった悩みや疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

この記事では、色彩検定2級合格のために必要な勉強時間・期間、勉強方法、スケジュール例について解説しています。また、色に関する資格取得には通信講座ユーキャンがおすすめです。

特にポイントが貯まるサービス「ポイントエニタイム」経由で申し込むと、お得に学習ができるためぜひ活用しましょう。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

ポイントエニタイムバナー_728x90

色彩検定2級の合格に必要な勉強時間・期間

色彩検定2級合格に向けた勉強時間は、一般的に30〜90時間程度とされています。勉強期間にすると、およそ3~6ヵ月ほどが必要とされています。

必要な勉強時間 30〜90時間
必要な勉強期間 3〜6ヵ月

ただし前提として、色彩検定はどの等級からでも受験できます。そのため、すでに3級を取得しており、まとまった勉強時間が確保できる人なら、およそ1ヵ月半で2級合格も可能でしょう。

一方で3級を持っておらず、いきなり2級に挑戦する方は、まずは色についての基礎知識も必要になるため、3級の勉強時間・勉強期間を確保する必要があります。

その点も考慮して、勉強時間やスケジュールを組みましょう。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

色彩検定2級の合格に必要な勉強時間や学習スケジュール例

色彩検定2級合格に向けた勉強時間や学習スケジュールの例を、平日と休日に分けて挙げてみましょう。

平日の場合

平日は、朝や帰宅後を勉強時間に充てる場合が多いでしょう。朝は外出前の30分、帰宅後に1~1.5時間程度確保できれば、1日1~2時間は勉強が可能です。

しかし、毎日必ずしも時間が確保できるとは限りません。その場合は無理をせず、土日など休日に勉強時間を増やすなど調整を行いましょう。

最初の1ヵ月は公式テキストや問題集を活用しながら、基礎知識の習得として3級を学びます。「1日1~2セクションずつ読む」といったようにペース配分を決めるのもおすすめです。

土日の場合

土日など休日にはまとまった時間が確保できるため、3,4時間/日など、普段よりも多めに勉強時間を取れるはずです。

とはいえ、家事やプライベートの予定なども考慮して「土日のどちらかを勉強日に充てる」「午前または午後を勉強時間に充てる」など、工夫をしてスケジュールを組みましょう。

受験日の2週間前には公式テキストを読み終え、過去問に取りかかるのが望ましいと言えます。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

色彩検定2級におすすめの勉強方法

色彩検定2級の勉強には、「公式テキストを通読する」「公式過去問題集を何度も解く」「色彩カードやアプリを使って色名を暗記する」「図表問題を解いて慣れる」といった勉強がおすすめです。それぞれについて解説します。

公式テキストを通読する

色彩検定の試験問題は基本的に公式テキストから出題されるため、テキストによる勉強が基本となります。最初は知らない単語ばかりで意味がわからないかもしれませんが、ひと通り目を通して、全体の構成・雰囲気・ボリュームを把握します。

2回目からは熟読しながら、さらに理解を深めていきましょう。単語の意味がわかるにつれ、テキストの内容も頭に入るはずです。

もし、公式テキストでは物足りないと感じる場合は、書店で実際に内容を確認しながら自分に合ったテキストを探すのも良いでしょう。

公式過去問題集を何度も解く

テキストを読み終えたら問題を解いて試験形式に慣れ、知識を定着させます。過去問題から出題されるケースもあり、出題傾向が把握できるため焦らずに試験に臨めるでしょう。

正解率が悪かったとしても、間違った箇所をテキストや解答で確認し、繰り返し解くことで苦手な問題も克服できます。過去1年分の問題でも合格の可能性はありますが、心配な人は数年分の過去問を解いておくと幅広く応用できて安心です。

色彩カードやアプリを使って色名を暗記する

公式テキストとは別に販売されている、カードやスマホアプリの活用もおすすめです。色彩検定2級では、慣用色に関する問題が必ず出題されます。慣用色は、特に点を取りやすい問題です。しっかりと暗記しましょう。

慣用色はひたすら色の名前を覚える以外に対策はないため、問題集と並行して早めに取りかかりたい部分と言えます。

図表問題を解いて慣れる

色彩検定2級では、正しい図表を選ぶ・読み取る問題が出題されます。例えば「PCCS色相環」や「トーンマップ」「マンセル色相環」といった図表です。慣れておかないと解答が難しいため、しっかり対策しましょう。

基本的には公式テキストや過去問からの出題が多く、掲載されている図表がそのまま問題として採用される場合も見られます。図表をしっかりと暗記し、出題傾向に慣れておくことが必要です。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

色彩について学びたいならユーキャンの通信講座がおすすめ

色彩検定に限らず、色に関する資格取得にはユーキャンの通信講座がおすすめです。写真やイラストがたっぷりのテキストを使用しており、わかりやすい解説で基礎知識から身につけられます。

また、副教材やサポートが充実している点もメリットでしょう。数ある中から3つの講座を紹介します。

カラーコーディネート講座

カラーコーディネート講座では、効果的な色のコーディネートが学べます。コーディネートは、商品の選択や自分らしさを演出する際に欠かせない要素です。楽しく学びながら自分に似合う色がわかり、パーソナルカラー診断も受けられます。

ユーキャンでは、日本カラリスト協会が主催する「パーソナルカラリスト検定」の2級・3級に対応しており、パーソナルカラリスト検定合格を目指せる点が特徴です。

パーソナルカラリスト検定はプライベートはもちろん、ファッション業界や広告・Web業界など幅広く活躍できる資格で、合格すると「パーソナルカラリスト(R)」を名乗れます。

パーソナルスタイリスト講座

パーソナルスタイリスト講座はファッションセンスを磨ける講座で、ファッションに自信がない人や自分に合うコーディネートを知りたい人におすすめです。

顔の形や体型、雰囲気などを分析・客観視することで、より魅力的なスタイリング術あるいは個性を活かしたコーディネート術が学べます。

ユーキャンの講座は、プロの個別アドバイスを受けられる添削課題がついているため学びながらセンスが磨け、「パーソナルスタイリスト(R)ベーシック」の認定が目指せる点が特徴です。

所作やファッションマナーについても学べることから、仕事に活かしたい人にも向いています。

カラーセラピスト講座

カラーセラピーとは、色彩心理の知識を利用して心の癒やしを目指す、メンタルケアの1つです。ユーキャンのカラーセラピスト講座では、セラピーが初めての人でも色の基礎知識からカラーセラピー技法、カラーワークまでをわかりやすいテキストとDVDで学べます。

カラーセラピーの流れを始め、相談者との会話・やりとり・受け答えの仕方といったテクニックも学習できるため、自分自身や身近な人のケアに役立てたい人におすすめの講座です。

添削課題では実際にカラーセラピーを体験することで、相談者の立場も経験できます。添削課題を提出し、修了課題(検定試験)に合格すれば「カラーセラピスト」資格の取得となります。

まとめ

色彩検定2級合格に向けた勉強時間について、ポイントは次の3つです。

  • 3~6ヵ月が一般的な勉強期間だが、集中して勉強できれば1ヵ月半も可能
  • 自分に合ったペース配分で、平日や休日の数時間を勉強に充てるのがおすすめ
  • 勉強方法は「テキストの通読」「過去問を解く」「暗記する」の繰り返しが基本

色に関する資格取得のためにユーキャンを利用する際は、ポイントサイト経由で申し込みするとお得です。ポイントエニタイムを経由してユーキャンへ申し込むと、3,500ポイントを獲得できます。

貯めたポイントは1ポイント1円として現金やギフト券、電子マネーなどに交換可能です。公式サイトから直接申し込むよりお得にサービスを利用できるので、ぜひポイントエニタイムを経由してみてください。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

ポイントエニタイムバナー_728x90
教育の関連記事
  • 薬膳コーディネーターとは?難易度やメリットを解説
  • 野菜スペシャリストは独学でも学べる?難易度や最短の勉強時間を解説
  • お掃除スペシャリストとはどんな資格?独学できる?難易度や試験内容を解説
  • 整理収納アドバイザーを仕事に生かすには?求人募集例や仕事内容を解説
  • 食生活アドバイザーの試験は自宅で受けられる?在宅受験できる他の資格も紹介
  • 食生活アドバイザーは仕事に役に立つ?具体的な求人例も紹介