色が持つ特徴や理論、法則を知識として学ぶのが色彩検定です。資格を取得することで、暮らしやファッションだけでなく、スキルアップとしても役立ちます。

文部科学省が後援しており、色に関する知識や技能を認定する公的資格として、幅広い年代に人気があります。

「色彩検定3級の取得を検討している」
「必要な勉強時間が知りたい」
と感じている方も多いことでしょう。

この記事では、色彩検定3級合格に向けて必要な勉強期間や時間、おすすめの学習方法を解説しています。特に3級は難易度が低く、独学でも十分に合格できる資格です。学習スケジュールの例も紹介していますので参考にしてください。

さらに色に関する資格取得には、通信講座のユーキャンをおすすめしています。ポイントが貯まる「ポイントエニタイム」経由で申し込むと、3,500円分のポイントが受け取れてお得になるためぜひ活用してみましょう。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

ポイントエニタイムバナー_728x90

色彩検定3級の合格に必要な勉強時間・期間は

色彩検定3級は、30時間ほどの勉強時間、1ヵ月ほどの勉強期間が必要とされています。1日1時間を勉強時間に充てたときに、1ヵ月程度で合格できる見込みがあると言えるでしょう。

もし、1日の勉強時間を2~3時間確保できるなら、2週間程度でも合格の可能性はあります。

必要な勉強時間 30時間
必要な勉強期間 15〜30日

色彩検定3級は初心者向けで、2級・1級の基礎ともなるレベルです。難易度は低く、色についての基礎知識や心理効果、配色を考える際の色彩体系である「PCCS」について学ぶことで、日常生活や趣味などに活用できます。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

色彩検定3級の合格に必要な勉強時間や学習スケジュール例

色彩検定3級合格のために必要な勉強時間・学習スケジュールの例を、平日と休日に分けて紹介します。

平日の場合

色彩検定3級は、平日は1日1時間程度の勉強時間でも、1ヵ月後の十分試験に間に合います。平日は仕事や学校があるという方は、自身の生活リズムに合ったスケジュールを立てましょう。

朝や夜の帰宅後に集中して勉強するか、すきま時間を活用するのがおすすめです。勉強法については後述しますが、テキストと過去問題を中心とした暗記が主な勉強法となります。

土日の場合

「平日は忙しくて勉強する時間が取れない」場合は、土日などの休日にまとまった時間を確保して勉強すると良いでしょう。試験までの日程を逆算して勉強時間を確保することが大切です。

テキストを読み込み、過去問題を繰り返し解くのが有効ですが、図表や色の名前を覚える必要もあります。合格までの期間を細かく区切ってスケジューリングすることで、いつどのような勉強をするかを明確にできます。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

色彩検定3級の合格に必要な勉強時間が多くない理由

難易度はそう高くない

公式サイトに掲載された2021年度の受験状況を見ると、3級の合格率は76.8%とあるため難易度は低いと考えられます。試験形式は主にマークシート方式です。

色彩検定は暗記問題が中心となるため、すきま時間を有効活用して少しずつでも覚えれば、合格の可能性が高いと言えます。

問題の一割ほどは一般常識でも解ける

色彩検定の試験は公式テキストから出題されるため、テキストによる勉強が基本となります。さらに約1割は、色の持つイメージなど、直感や一般的な美術知識でも解ける問題とされているため、知らない単語の意味や図表を覚えることが中心となるでしょう。

JIS慣用色名は全部覚えなくても良い

色彩検定3級では、JIS慣用色269色中、61色が出題されます。61色は、公式テキストに載っているものです。暗記する以外に対策方法はありませんが、すべてを完璧に覚える必要はありません。

点数を取りやすい問題ではありますが、全体に対する出題割合は多くないため、余裕があれば取り組む程度に考えておきましょう。配色カードやアプリなどを使い、過去問題と平行して暗記するのがおすすめです。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

色彩検定3級におすすめの勉強方法

色彩検定3級の勉強には、「テキストを読む」「過去問題を解く」といった勉強がおすすめです。それぞれについて詳しく説明します。

テキストを一通り読む

色彩検定の試験では公式テキストから出題される傾向が高いため、テキストをしっかりと読み込みます。この際、最新版の公式テキストが必要です。

試験内容が変更される可能性もあるため、公式テキストに加え公式サイトも定期的にチェックしておきましょう。

初めての単語や理論ばかりでわからないかもしれませんが、何度か読んでいくうちに内容が理解できるようになります。効率的に進めるためにもテキストを重点的に勉強するのがおすすめです。

公式過去問題集を解く

テキストを読み終えたら、問題を解いて試験形式に慣れておきましょう。問題集は、試験の出題形式に似せて作られています。過去問題から出題される場合もあるため、知識の定着にも役立つはずです。

不正解だった問題はテキストや解説を確認しながら繰り返し解くと、苦手をなくせます。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

色彩の勉強ならユーキャンの通信講座がおすすめ

ユーキャンの通信講座では、色彩検定以外に色に関する資格が多くあります。その中から「カラーコーディネート講座」「コスメ検定講座」「カラーセラピスト講座」の3つを紹介しましょう。

カラーコーディネート講座

カラーコーディネーター検定試験は、東京商工会議所が実施する資格です。

ユーキャンのカラーコーディネート講座では色の微妙な違いを見極め、効果的な色の組み合わせが学べます。色彩のセンスが磨けるため、仕事にもプライベートにも役立つ資格です。

さらに(一社)日本カラリスト協会が主催する「パーソナルカラリスト検定」の2級・3級に対応しているため、パーソナルカラリスト検定合格を目指せるのも嬉しいポイントでしょう。

合格すると「パーソナルカラリスト(R)」を名乗ることができ、プライベートはもちろん、幅広い分野で活躍できます。

コスメ検定講座

コスメ検定は「日本化粧品検定」とも呼ばれ、美容の知識を幅広く身につけられる資格です。

化粧品の知識を一から学べるため、コスメ好きな人や自分に合ったスキンケアを学びたい人、さらには化粧品・美容業界で活躍したい人におすすめと言えます。

3級から1級はそれぞれ入門・基礎・応用のレベルに分かれており、3級はWEB上で受験が可能です。2級では皮膚の構造や美肌に関わる美容知識を学びます。

1級では、化粧品の成分や医薬品医療機器等法といった専門的な知識を習得できるため、化粧品の専門家を目指すことも可能です。

カラーセラピスト講座

カラーセラピスト講座では、色彩心理の知識を活用して、色によるメンタルケアが学べます。

カラーセラピーとは、色彩心理の知識を利用して心の癒やしを目指すメンタルケアの1つです。色を利用して、相談者自身が悩みに気づけるようサポートする役割を持ちます。

色の基礎知識を始め、他者の心理にふれる5つのカラーセラピー技法、自分や他者を癒やす4つのカラーワークを、わかりやすいテキストとDVDで学べる点が特徴です。

添削課題では、実際にカラーセラピーを体験できるため相談者の立場も経験でき、セラピーの流れやテクニックも習得できます。自分自身や身近な人のケアに役立てたい人におすすめです。

まとめ

色彩検定3級合格に向けた勉強について、ポイントは次の3つです。

  • 色彩検定3級合格のために必要な勉強期間は、およそ1ヵ月
  • 初心者レベルであるため、合格の難易度は低い
  • 公式テキストと過去問題集をメインとした勉強方法がおすすめ

色彩検定に限らず、色に関する資格取得のためにユーキャンの利用を考えているのなら、ポイントサイトを経由するとお得に利用できます。中でも「ポイントエニタイム」がおすすめです。

ポイントエニタイムを経由してユーキャンの講座に申し込むだけで、ギフトコードや現金と交換できるポイントが3,500ポイントも貯まります。ぜひポイントエニタイムもあわせてチェックしてみてください。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

ポイントエニタイムバナー_728x90
教育の関連記事
  • 薬膳コーディネーターとは?難易度やメリットを解説
  • 野菜スペシャリストは独学でも学べる?難易度や最短の勉強時間を解説
  • お掃除スペシャリストとはどんな資格?独学できる?難易度や試験内容を解説
  • 整理収納アドバイザーを仕事に生かすには?求人募集例や仕事内容を解説
  • 食生活アドバイザーの試験は自宅で受けられる?在宅受験できる他の資格も紹介
  • 食生活アドバイザーは仕事に役に立つ?具体的な求人例も紹介