調剤薬局事務とは、薬剤師がスムーズに働けるようにサポートする仕事で、薬局での受付や会計、処方せんの入力などの業務を担います。無資格で働ける職種ではあるものの、専門的な業務のため、資格を保有しておくことは就活や実際の仕事を楽に進めるためにも大切です。

調剤薬局事務の資格を学ぼうとする人は、「どのテキストを使えば良いの?」「勉強が苦手だけど、独学で合格できる?」など疑問も多いでしょう。

そこで本記事では、調剤薬局事務を勉強するのにおすすめのテキストや独学のメリット・デメリットを紹介していきます。資格取得を検討している人は参考にしてみてください。

なお、資格勉強にはユーキャンの調剤薬局事務講座がおすすめです。ポイントエニタイムから申し込めば、さらに3,500円分のポイントももらえてお得に利用できます。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

ポイントエニタイムバナー_728x90

調剤薬局事務の資格取得におけるテキストの選び方

調剤薬局事務のテキストは種類が多くて、どれを選ぶのが正解か迷ってしまうこともあるでしょう。まずは、テキストを選ぶ際の基準を3つ紹介します。

初めて調剤薬局事務を学習する人には、以下のようなテキストがおすすめです。

初学者でも分かりやすいもの

調剤薬局事務の初学者には、図や表が多く分かりやすいものがおすすめです。調剤薬局事務は医療事務と異なり、必要な知識は薬関連に限定されます。しかし、必要な知識の範囲が狭まるとはいえ、初学者にとっては薬の種類や医療保険制度の仕組みなど、ハードルが高く感じてしまう内容が多いのも特徴です。

薬の分類や制度の仕組みなどを図やイラストを使って解説してあるテキストであれば、薬関連の予備知識がなくてもイメージがしやすく、知識の定着も早まります。医薬品の知識が少ない人ほど、書店に行って文字が少なく、図・表・イラストをふんだんに盛り込んでいるテキストを選ぶといいでしょう。

問題演習ができるもの

資格勉強には知識を覚えやすいテキストも大切ですが、同じくらい問題演習ができるものもおすすめです。身につけた知識を問題演習で確かめて、理解を深めることで着実に合格に近づけます。

過去問題集を繰り返し解く人も多いでしょうが、できれば独自の問題集がセットになったテキストの購入がおすすめです。過去問題ばかりにワンパターン化せずに学習できて、1つのテキストでインプットとアウトプットが完結します。

テキストを購入する時は、章末や巻末に問題演習がセットになっているものを選ぶようにしましょう。

調剤報酬事務・レセプト作成が学べるもの

資格勉強において調剤報酬事務・レセプト作成は特に重要な分野のため、2つの分野を丁寧に解説しているテキストを選びましょう。レセプトとは調剤報酬明細書という健康保険組合に請求する際に必要な書類で、調剤薬局事務の重要な仕事の1つです。

レセプト作成のためには、薬自体の価格・薬の量・患者さんが加盟している医療保険・薬の管理費などに基づき計算をする必要があります。

レセプトをもとに報酬事務を行いますが、これらの過程は試験にも頻出の箇所です。図やイラストを用いた解説に加えて、いくつかの参考事例や挑戦問題が記載されているテキストを選ぶと試験対策になります。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

調剤薬局事務資格のためのテキストおすすめ3選

調剤薬局事務のテキストを選ぶために大切な3つのポイントについて解説しました。ここからは、3点を参考に具体的にどのようなテキストが良いのか紹介していきます。

調剤薬局事務の初学者には、以下のようなテキストがおすすめです。

調剤報酬請求事務 基礎知識とレセプト作成

調剤薬局事務の業務に必要な知識を1冊にまとめた分かりやすいテキストです。医薬品の分類と作用、調剤技術料といった基本的な内容から、レセプトについても解答例付きで解説してくれるので、初学者が資格取得な知識を網羅するのに最適といえます。

また、テキストには演習問題もついているので、1つのテーマが終わるごとに実戦問題に取り組むというサイクルで、進めやすいテキストです。

Amazon「調剤報酬請求事務 基礎知識とレセプト作成

ひとりで学べる調剤報酬事務&レセプト作例集

調剤報酬事務の内容を中心に、図や表を使ってわかりやすくまとめてあるテキストです。令和4年に改訂された最新の薬価をベースに解説している最新版となっています。

1章~4章では医療保険制度や処方せんなどの基礎知識も解説してあるので、調剤薬局事務についてよく知らない状態からスタートする人でも安心です。

Amazon「ひとりで学べる調剤報酬事務&レセプト作例集

ひとりで勉強できる調剤報酬請求事務・練習ノート

調剤薬局事務で働きたい人のために作られたテキストで、レセプトの進め方や調剤報酬請求事務など、一通りの業務内容を理解できます。テキストが2色刷りで見やすくなっているのもポイントです。

資格取得に向けたテキストとしても、合格後に勤務することになってからの補助テキストとしても活用できます。

Amazon「ひとりで勉強できる調剤報酬請求事務・練習ノート

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

調剤薬局事務資格をテキストで学ぶメリット

調剤薬局事務は、独学でテキストで学ぶことも、通信講座などの力を借りて学ぶこともできるため、どちらを選ぶか迷っている人もいるでしょう。

まず、テキストで学ぶメリットは以下の通りです。

勉強計画の自由度が高い

テキストでの勉強なら、好きな場所・時間に学ぶことができます。自分のペースに合わせて計画を立てて、コツコツと学習を進められるので、仕事や家事で忙しい人にもおすすめです。

低コストで学べる

独学は低コストで合格を目指せるのも良いところです。テキストは1冊あたり1,500円~2,000円ほどで購入できるので、過去問題集とセットでも4,000円ほどで済みます。

自力で理解を深めていく必要はあるものの、通信講座などが高額に感じる人には独学は最適でしょう。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

調剤薬局事務資格をテキストで学ぶデメリット

独学にはメリットだけでなくデメリットも存在します。両面を理解して独学を選択するか決めていきましょう。

テキストで学ぶデメリットは以下の通りです。

一人でコツコツできない人には向かない

独学は、1人でもコツコツ学習に励める人でないと難しいです。自由度が高いですが、その分サボるのも自由ですし、テキストの内容を理解するのも基本的に自力で進める必要があります。

目標を定めて、達成まで地道に努力するのが苦手な人は挫折してしまう可能性も十分あるでしょう。

疑問が出ても解消できない可能性がある

独学では、もし学習中に疑問が出てきても質問して解消することができません。近ごろは動画配信サイトなどで解説動画を上げている人もいますが、自分の疑問にピンポイントで答えてくれるものを見つけるのは時間がかかります。

現役で調剤薬局事務で働く友人や、一緒に資格取得に励む存在がいないと、つまずきやすくなるのも事実です。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

ユーキャンの講座で調剤薬局事務に挑戦しよう

ユーキャンの調剤薬局事務講座を通じて、調剤薬局事務検定試験を在宅で受けることができます。ユーキャンなら、初学者にも安心な以下のようなメリットがあります。

最短3ヵ月で合格できる

ユーキャンの講座なら最短3ヵ月で短期合格を目指せます。スマホでできるWebテストも用意されているので、短期間でも効率よく学習が可能です。

もし3ヵ月以内で合格できなくても、受講期間の6ヵ月以内であれば再受験が可能なので、焦らずに進められます。

実務に必要な知識も学べる

ユーキャンの講座は、テキストが明瞭で実務に活かしやすいようにまとめてあるのもメリットです。

接遇マナーハンドブック・就職ガイドなどを活用すれば、知識の習得だけでなく就職~現場での勤務までをイメージして学べるので、即戦力になれる実力を身につけられます。

いつでも質問ができる

独学にはない、質問サービスが充実しているのもユーキャンの講座の特徴です。1日3問まで質問が可能で、専門スタッフが疑問に答えてくれるので。試験当日には不安をなくした状態で挑めます。

また、添削問題を提出すると指導スタッフや講師から評価や解答のコツが返ってきます。客観的な意見で理解をサポートしてくれるでしょう。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

まとめ

この記事では調剤薬局事務を勉強するのにおすすめのテキストや、独学のメリット・デメリットを紹介しました。調剤薬局事務の学習には、初学者でもわかりやすいように図やイラストを活用したものや、問題演習のあるテキストがおすすめです。

また、テキストでの独学を検討している人は、独学のメリットである自由度やコスト面、そしてデメリットである挫折のしやすさを理解して選ぶようにしましょう。

もし独学に不安があるようなら、ユーキャンの調剤薬局事務講座の活用がおすすめです。カラーイラストや図で要点をまとめたテキストと、添削や質問など充実したサポートで、合格を後押ししてくれます。

ポイントエニタイム経由でユーキャンの講座を利用すれば、今なら3,500円分のポイント還元もあるので、ぜひ検討してみてください。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

ポイントエニタイムバナー_728x90
教育の関連記事
  • ユーキャンのネイル資格講座の口コミ評判は?ネイリストを目指す人必見!
  • 調剤薬局事務の資格は独学で取得できる?在宅受験は可能かも紹介!
  • ユーキャンのMOS資格講座の評判は?利用者の口コミや講座の特徴も紹介!
  • 調剤薬局事務の資格を学ぶならどのテキストがおすすめ?わかりやすい本を紹介!
  • ユーキャンの保育士資格講座の口コミ評判は?講座の特徴も紹介!
  • ユーキャンの資格は使える?人気の資格や資格を生かす方法も紹介!