「調剤薬局事務の資格をできれば独学で取りたいな」
「どんな資格なら独学でも合格できるのだろう?」

調剤薬局事務の資格取得を考えている人にとっては、独学で取得できるのかどうかが気になっている方もいることでしょう。そこで、この記事では独学で取得できる調剤薬局事務の資格の有無や、在宅受験できる資格について紹介していきます。

また、調剤薬局事務の資格取得にはユーキャンの講座活用もおすすめです。今ならポイントエニタイム経由で3,500円分のポイントも獲得できます。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

ポイントエニタイムバナー_728x90

調剤薬局事務の資格は独学で取得できる?

調剤薬局事務の資格はすべて民間で実施されているものですが、資格の種類によって誰でも受けられるものと、特定の条件をクリアした人のみが受けられるものがあります。一部の資格では特定のカリキュラムを受講したり、予備校に通ったりする過程が必要です。

独学で調剤薬局事務の資格を取得したい人は、受験資格が不要なものを選びましょう。

独学で受験できる調剤薬局事務資格

完全独学で受験できる調剤薬局事務の資格は、以下の通りです。

調剤薬局事務検定試験 調剤事務管理士(R) 調剤報酬請求事務専門士
受験資格 ・日本医療事務協会認定団体の講座の受講者
・受験申請のあった高校・専門学校・短期大学・大学等
・受験申請のあった一般受験申込み者
なし なし
合格基準 学科・実技それぞれにて正答率60%以上 学科で80点以上、実技で各作成問題ごとに60%以上の得点
さらに合計点が全体の80%以上
非公開
合格率 90% 約60% 1級:約20%/2級:約40%
通信2級:約35%/通信3級:約55%
試験日程 毎月第4日曜日開催 毎月第4土曜日翌日の日曜日 7月・12月の第1土曜日
試験会場 自宅受験・会場受験
※要問合せ
在宅 在宅
会場:北海道、東京、東京、名古屋、大阪、兵庫、福岡
受験料(税込) 5,500円 6,500円 個人受験 1級:6,380円/2級:5,280円 / 3級: 5,280円

通信受験 2級:9,680円 / 3級: 8,580円

これらの調剤薬局事務の資格は、特定の教育機関のカリキュラム受講等が受験条件となっていないので、独学での資格学習が可能です。

1つめの調剤薬局事務検定試験は合格率が90%と高く、基準もそれほど高くないので、初学者で資格が欲しい人には最適です。

2つめの調剤事務管理士は、調剤薬局事務に必要なスキルの保有を証明する資格で、受験資格もなく合格率も比較的高くなっています。在宅で受験可能なので、自分のペースで学習を進めたい人にもおすすめです。

3つめの調剤報酬請求事務専門士は、調剤報酬の演算をより正確に実行できて、説明もできる人材であることを証明できる資格です。試験内容は新入社員レベル・中堅社員レベル・教育者と難易度が設定されています。初学者であれば、まず3級の受験がおすすめです。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

在宅受験できる調剤薬局事務6資格

調剤薬局事務の資格の中で、在宅受験可能なものは以下の通りです。先ほど紹介した3つの資格に加えて「調剤薬局事務資格」「医療保険調剤報酬事務士」「調剤報酬請求事務技能認定」が対象となります。

調剤薬局事務検定試験 調剤事務管理士(R) 調剤報酬請求事務専門士 調剤薬局事務資格 医療保険調剤報酬事務士 調剤報酬請求事務技能認定
受験資格 日本医療事務学会認定の講座を修了 なし なし JADP認定教育機関での全カリキュラムを修了 医療保険学院の調剤報酬事務教育講座で行われる中間テストに合格 日本医療教育財団認定教育機関での全カリキュラムを修了
合格基準 学科・実技それぞれにて正答率60%以上 学科で80点以上、実技で各作成問題ごとに60%以上の得点
さらに合計点が全体の80%以上
非公開 得点率70%以上 得点率90%前後 学科・実技それぞれにて得点率90%以上
合格率 90% 約60% 1級:約20%/2級:約40%
通信2級:約35%/通信3級:約55%
非公開 非公開 非公開
試験日程 毎月第4日曜日開催 毎月第4土曜日翌日の日曜日 7月・12月の第1土曜日 いつでも 毎月実施 講座による
受験料(税込) 5,500円 6,500円 個人受験 1級:6,380円/2級:5,280円 / 3級: 5,280円

通信受験 2級:9,680円 / 3級: 8,580円

5,600円 4,500円 3,000円

調剤薬局事務資格を独学するメリット

調剤薬局事務資格の独学合格を目指すのは苦労もありますが、メリットもあります。

主なメリットは以下の通りです。

コストが安く済む

独学の魅力は学習にかかるコストを抑えられる点です。認定教育機関でのカリキュラムを終了しないと受験できないタイプの資格では、講座受講費用に45,000円ほどかかってしまうケースもあります。

その一方で、独学では基本的に必要な費用はテキスト代のみで、1冊あたり2,000円前後だとしても5,000円もあれば過去問と教材を手に入れられるでしょう。

なるべくコストを安くして資格を取得したい人には、独学は最適といえます。

好きな場所・時間に学べる

独学のもう1つのメリットは、好きな場所・時間に学ぶことができる点です。

講義のために通学が必要な資格では、どうしても時間が制限されてしまい、会社勤めの方やお子さんがいる家庭では思うように勉強できません。また、遠方まで移動しないと講義が受けられないという場所の制限もあります。

しかし独学なら、自分の好きなペースで学習を進められるため、場所も時間も自由に選べます。勉強のスケジュール管理も好きに決められるので、マイペースにコツコツと進めたい人にも独学はおすすめです。

調剤薬局事務資格を独学するデメリット

独学で調剤薬局事務資格の合格を目指すのは、費用面や自由度でメリットがあります。ただ、独学なりのデメリットも存在しているため、プラスマイナス両面を理解してから判断するようにしましょう。

独学のデメリットは以下の通りです。

ペースを保ちにくいづらい

独学は自分で好きにペース管理してできる面が強みです。時間も場所も進め方も好きに決められるということは、裏を返せばスケジュール管理が上手な人でないとペースを乱しやすいともいえます。

特に日中は仕事して、朝晩や休日に勉強している人は、突然の残業や友人からの誘いなどで勉強のリズムを乱されることも多いでしょう。目標に向かって計画の修正を繰り返せば問題はないですが、コツコツできる人でないと続けるのは難しいです。

質問ができない

独学では疑問を解消できないのもデメリットです。勉強をしていると、どうしてもわからない点が出てきてしまいます。しかし、独学ではテキストの解説やネットでの検索、YouTubeなどの動画サイトを参照して自力で解決するしかありません。

初学者にとっては、レセプト(調剤報酬明細書)の作成や医療保険制度の知識といった専門分野はつまづきがちなポイントです。思うように勉強の理解が進まずに焦ってしまうと挫折のもとにもなるため、勉強が苦手な人には独学は難易度が高いかもしれません。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

調剤薬局事務の資格取得ならユーキャンの講座がおすすめ

独学が不安な人は、ユーキャンの調剤薬局事務講座で学習して、調剤薬局事務検定試験を在宅で受けるのも1つの方法です。ユーキャンなら以下のようなメリットがあります。

初学者でもOK

ユーキャンの特徴の1つは、初学者でも安心のわかりやすいテキストです。市販のテキストを購入して独学する場合は、文章での解説が多くなかなか頭にインプットされません。

ユーキャンのテキストでは、イラスト・図・表を豊富に用いて専門用語もかみ砕いて解説してくれるので、ただの用語暗記ではなくイメージで理解をしながら知識を自分のものにできます。

また、実践問題テキストには試験で必須のレセプト作成問題がしっかり盛り込んであるので、苦手意識のある人でも安心です。

手厚い指導サポート

ユーキャンは手厚い指導サポートも特徴です。特に「添削サポート」と「質問サービス」は初学者にとって助かります。

添削サポートは終了課題を含めて3回分用意されており、講師や専門スタッフからアドバイスが返ってくるので、自分の理解度を客観的に把握できるのがポイントです。

そして、質問サービスは1日に3問まで疑問点を聞けるので、分からないところを残さずに試験に臨めます。

復習に便利なWebテスト

ユーキャンではWebテストを復習に活用できるので、習熟度を高めやすくなっています。テストに取り組むことで自動で苦手分野を分析してくれて、弱点克服にも有効です。

Webテストはスマホからいつでも利用できるので、移動時間などスキマ時間の学習にも向いています。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

まとめ

今回は調剤薬局事務の資格について、独学で受けられるものや在宅受験が可能なものを紹介しました。独学受験のできる資格は「調剤薬局事務検定試験」と「調剤事務管理士(R)」と「調剤報酬請求事務専門士」の3つで、いずれも受験資格はいりません。

在宅受験のできる資格は複数ありますが、いずれも認定されたカリキュラムの受講が必須など受験資格があり、別途費用が発生するので公式サイトで確認しておきましょう。

また、独学は費用面や自由度でメリットがある反面、計画性や自力での習熟の難しさにデメリットがあります。もし独学が不安なら、ユーキャンの調剤薬局事務講座を受講して調剤薬局事務検定試験を受けるのも良いでしょう。

さらにポイントエニタイムからユーキャンを申し込めば、3,500ポイントが還元されるため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

\新規お申込みで3,500円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

ポイントエニタイムバナー_728x90
教育の関連記事
  • ユーキャンのネイル資格講座の口コミ評判は?ネイリストを目指す人必見!
  • 調剤薬局事務の資格は独学で取得できる?在宅受験は可能かも紹介!
  • ユーキャンのMOS資格講座の評判は?利用者の口コミや講座の特徴も紹介!
  • 調剤薬局事務の資格を学ぶならどのテキストがおすすめ?わかりやすい本を紹介!
  • ユーキャンの保育士資格講座の口コミ評判は?講座の特徴も紹介!
  • ユーキャンの資格は使える?人気の資格や資格を生かす方法も紹介!