1位 U-NEXT

  • 鬼滅の刃やONE PIECEなど人気コミック(電子書籍)が購入できる
  • 毎月1,200円分のポイントが付与!実施無料で2冊~3冊分の最新マンガが読める
  • ポイントエニタイムからの申し込みで、今なら840円分のポイントゲット!

2位 コミックシーモア

  • BLやTLが充実!書店で購入するのが恥ずかしい作品も思う存分読める
  • 月額読み放題サービスが今なら7日間無料!
  • ポイントエニタイムからの申し込みで、最大200円分のポイントゲット!

3位 漫画全巻ドットコム

  • 1,300点以上の豊富な無料作品が読める!
  • 特典やクーポン多数!書店よりも漫画を全巻お得に揃えらえる!
  • ポイントエニタイムから申し込むと、購入額の1%~3%のポイント還元!
ポイントエニタイムバナー_728x90

【キャリア別】dマガジンの支払い方法まとめ

dマガジンを利用している方や、これから利用しようと思っている方の中には、dマガジンの支払い方法について、以下のような悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

  • dマガジンの支払い方法にはどのようなものがあるのか
  • ドコモユーザーとその他携帯キャリアのユーザーとでは異なる支払い方法なのか

実際、dマガジンの支払い方法は、以下2つの場合で異なります。

  • ドコモユーザー
  • ドコモユーザー以外(ソフトバンク・au)

キャリア別のdマガジンの支払い方法を把握することで、あなたに最適な支払い方法を選択できるようになります。

それでは、キャリア別のdマガジンの支払い方法について詳しく見ていきましょう。

ドコモユーザー

ドコモユーザーの方は、dマガジンの支払いをスマホの料金と一緒に支払えます(ドコモ払い)。そのため、口座振り込みやクレジットカード払い、現金払いなど、スマホ料金の決済方法に応じて多種多様な支払い方法が利用可能です。

上記から、ドコモユーザーの方は特別にクレジットカードを登録する必要はなく、スムーズに利用を開始できます。

なお補足情報として、クレジットカード払いにすると、各カードの規約により支払い金額に応じてポイントがつきます。ポイントの還元率はクレジットカードの種類によってさまざまですが、平均して0.5~1.0%の還元率となっています。

以上の通り、ドコモユーザーは状況に応じて複数の支払い方法から選べるため、dマガジンの支払いに関して自由度が高いです。

ドコモユーザー以外(ソフトバンク・au)

ドコモユーザー以外(ソフトバンク・auユーザー)の方は、dマガジンの支払いがクレジットカードに限定されます。そのためクレジットカードを持っていない方は、原則利用できません。

また、登録に使えるクレジットカードのブランドは以下の4つに限定されています。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS

さらに注意点として、海外のクレジットカード会社が発行したカードの場合は使用できません。使用するクレジットカードは国内発行のものにしましょう。

なお、ドコモユーザーの時と同様に、クレジットカードで支払うことによってポイントがつく点は変わりありません。

以上の通り、ドコモユーザー以外の方はdマガジンの支払いはクレジットカードのみになるため、注意が必要です。

\無料お試しで51円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

dマガジンで最もお得な支払い方法はどれ?

dマガジンで最もお得な支払い方法は「クレジットカード払い」です。

理由としては、クレジットカードで支払うと、支払い金額に応じてクレジットカードのポイントを貯められ、現金で払うよりもお得になるためです。

また、クレジットカードでの支払いは、支払う際の手間がかかりません。具体的には口座振り込みや現金払いと異なり、クレジットカードは登録されている金融機関からの自動引き落としになるため、支払いに労力がかかりません。

これらの点から「少しでも得をしたい方」や「支払いの手間を省きたい方」は、クレジットカードでの支払いをおすすめします。

dマガジンの支払いでお得なクレジットカードを紹介!

dマガジンの支払いでお得なクレジットカードは「dカード」です。

理由の1つとして、還元率が1.0%と、標準的なクレジットカードの還元率である0.5%よりも高いことが挙げられます。以下に具体例として「dカード」「三井住友カード」「JCBカード」のそれぞれのポイント還元率を比較表にまとめました。

クレジットカード名 ポイント還元率
dカード 1.0%
三井住友カード 0.5%
JCBカード 0.5%

還元率の差である0.5%は、一見少なく見えるかもしれません。しかし、月に10万円分の買い物をすれば5000円の差が生まれます。このことからわかるように、0.5%という数字は決して小さい数字ではありません。

さらに加えて、年会費が永年無料であることもお得だと言える理由です。以下に例として「dカード」「三井住友カード」「JCBカード」のそれぞれの年会費を比較表にまとめました。

クレジットカード名 年会費
dカード 永年無料
三井住友カード(普通) 1,375円(税込)
JCBカード(一般カード) 1,375円(税込)

また補足として、「dカード」はNTTドコモが発行しているクレジットカードであり、18歳以上の方であれば作成できます(高校生は除く)。

さらに、dカードはポイントサイトの「ポイントエニタイム」経由で発行すると168円分のポイントを獲得できます。

dカード

また2021年7月現在、別途2,000ポイントゲットできるキャンペーンも開催中です。

これを機にdカードの発行を考えている場合は、ポイントエニタイムの利用を検討するようおすすめします。

dカードはポイント還元率、さらに年会費の観点からみて、非常にお得なクレジットカードと言えるでしょう。

\最大142円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常申し込みよりも断然お得!

dマガジンの支払い方法の登録手順

dマガジンの支払い方法の登録手順は、以下2つの場合で異なります。

  • ドコモユーザー
  • ドコモユーザー以外(ソフトバンク・au)

使用キャリア別に支払い方法の登録手順を知ることで、どの携帯キャリアを使っている方でもスムーズに行えるようになります。

それでは登録手順について詳しく見ていきましょう。

ドコモユーザーの場合

ドコモユーザーが、dマガジンの支払い方法を登録する手順は以下の通りです(クレジットカードを支払い方法にする場合)。

  1. dマガジンに申し込む
  2. dアカウントにログインする
  3. クレジットカード情報を入力する
  4. 情報を確認して申込みをする

上記手続き完了後は、アプリをダウンロードするとdマガジンをすぐに利用できます。手順を行うにあたり、事前に登録したいクレジットカードを近くに準備しておくとスムーズに登録できます。

補足として2021年7月現在、dマガジンでは31日間の無料お試し期間が設定されています。お試し利用が目的で、場合によっては解約を考えている場合は、無料期間が終了する期日をメモしておくようおすすめします。

ドコモユーザー以外の場合

ドコモユーザー以外がdマガジンの支払い方法を登録する手順は以下のとおりです。

  1. dアカウントのページにアクセスする
  2. 利用するメールアドレスを選択する
  3. IDを決定する
  4. パスワードや氏名・性別などを設定する
  5. 内容確認と規約への同意をする
  6. dマガジンの申込みページにアクセスする
  7. 作成したdアカウントでログインする
  8. クレジットカード情報を入力する
  9. 情報を確認して申込みをする

ドコモユーザーと同じく、最後にアプリをダウンロードしてサービスを開始してください。

ドコモユーザー以外の場合同様に、登録するクレジットカードを近くに準備し、すぐに入力できるようにしておくとスムーズに登録できるでしょう。

\無料お試しで51円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

dマガジンの支払い方法の変更手順

dマガジンの支払い方法の変更手順には、以下の2つのケースで異なります。

  • ドコモ払いからクレジットカードに変更する場合
  • 登録のクレジットカードを変更する場合

これらを知ることで、支払い方法を変更したいと思った際にスムーズに変更できるようになります。

それでは変更手順について詳しく見ていきましょう。

ドコモ払いからクレジットカードに変更する場合

ドコモ払いからクレジットカードに変更する手順は、以下のとおりです。

  1. My docomoにアクセスする
  2. 「契約内容・手続き」から「ドコモ払い/d払い」をタップする
  3. 「電話料金合算払い」をタップする
  4. 「ドコモ払い/d払いの利用停止をする」をチェックしてドコモ払いを停止する
  5. 利用したいクレジットカードを登録する

登録のクレジットカードを変更する場合

登録しているクレジットカードを変更する手順は、以下のとおりです。

  1. My docomoにアクセスする
  2. dアカウントにログインする
  3. ページ上部の「ご契約内容」をタップする
  4. 「すべてのご契約状況を確認」をタップする
  5. ページ下部にある「クレジットカード番号」の「変更」をタップする
  6. クレジットカードの番号・有効期限・セキュリティコードを入力する
  7. 確認メールの送り先を入力して「次へ」をタップする
  8. メールで内容を確認したらページ下の「手続きを完了する」をタップする

設定時は変更後のクレジットカードを近くに用意しておきましょう。また新しいカードの有効期限がせまっていないかにご注意ください。

クレジットカードの変更は、ドコモユーザーの場合もそれ以外のユーザーの場合でも同様の手順になります。

\無料お試しで51円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

【クレカ不要】デビットカード対応のおすすめ雑誌読み放題サービス

ここまで支払い方法を確認してきましたが、クレジットカードがどうしても用意できない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような場合には、ドコモユーザーでも利用できる雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」もおすすめできます。

楽天マガジンとdマガジンの比較表を以下にまとめました。

サービス名 dマガジン 楽天マガジン
支払い方法 ・クレジットカード
・ドコモ払い(ドコモユーザーのみ)
・クレジットカード
・デビットカード
・楽天ポイント
月額料金 440円(税込み) ・418円(税込み)(月額プラン)
・3,960円(税込み)(年額プラン)
配信雑誌数 700誌以上(ムック・増刊号含む) 700誌以上(ムック・増刊号含む)
無料期間 31日間 31日間
ダウンロード機能
その他機能 「記事から選ぶ」や「おすすめ」の選択機能 表示ジャンルのカスタマイズ機能

楽天マガジンは「楽天グループ株式会社」が運営している電子書籍配信サービスです。楽天マガジンはクレジットカード以外にデビットカードの支払い方法にも対応しています。さらに、楽天マガジンの料金を楽天ポイントで支払うことも可能です。

日ごろから楽天経済圏を利用することが多い場合は、ほかの楽天サービスを利用した際に貯まった楽天ポイントのみで、楽天マガジンを楽しめる可能性があります。

また、楽天マガジンはdマガジンよりも配信冊数が多く、雑誌のラインナップも豊富です。読みたい雑誌が特に決まっていない場合は、楽天マガジンを利用するのが良いでしょう。

楽天マガジンの口コミ評判を知りたい方は「楽天マガジンの口コミ評判はどう?読みにくいや使いにくいのデメリットは本当?」も参考にしてください。

楽天マガジンをレビュー|デメリットやメリット、口コミ評判も紹介
2021.10.18
この記事では、実際に利用した方の口コミ評判をもとに、楽天マガジンのメリットやデメリットを解説します。 口コミ評判からわかった楽天マガジンがおすすめな人 できるだけ安く雑誌を読みたい方 多くのジャンルや種類の雑誌を読みたい方 家族みんなで雑誌を共有して読みたい方 普段から楽天のサービスを利用している方...…

\無料お試しで84円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

dマガジンの支払いに関するよくある質問

デビットカードは利用できない?

dマガジンの支払いでデビットカードは利用できません。

持っているデビットカードの情報を試しに入力することもできますが、登録できない場合は「クレジットカード情報に誤りがある」などのメッセージが出ます。クレジットカードとデビットカードは非常に似ているため、よく確認しましょう。

プリペイドカードは利用できない?

dマガジンの支払いでプリペイドカードは利用できません。

デビットカードと同じくプリペイドカードも使えないため、注意が必要です。カード類で支払いが可能なものはクレジットカードのみと覚えておきましょう。

無料期間の利用の際も支払い方法の登録は必要?

無料期間の利用の際も、支払い方法の登録は必要です。

理由としては、無料期間が終われば有料会員にシフトするため、支払い情報が登録されていないと、料金の請求先がどこかわからないためです。

31日間と十分な期間はあるものの、解約を忘れてしまう可能性は十分にあります。継続の意志がない場合は、無料期間終了の期日を覚えておきましょう。

まとめ

ここまでの要点を以下にまとめました。

  • dマガジンの支払い方法はドコモユーザーとそれ以外の場合で異なる
  • dマガジンのお得な支払い方法は、ポイントが貯まるクレジットカード払いである
  • クレジットカードの中でも「dカード」はポイントの還元率が高くおすすめ
  • dマガジンの支払いにはデビットカードやプリペイドカードは使用不可

なお、最もお得にdマガジンを契約する方法として、ポイントサイト経由で「dマガジン」に登録する方法があります。ポイントサイトを使うことで、dマガジン公式サイトでの申込みでは得られないポイントを獲得できます。

またdカードを発行する際も、ポイントサイト経由で「dカード」を発行することにより、ポイントを付与してもらえます。

ポイントサイトの中でも特におすすめなのが、「ポイントエニタイム」です。dマガジンの「お試し無料次月以降400円(440円)コース」をポイントエニタイム経由で登録すると51円分のポイントがもらえます。

dマガジン

またdカードをポイントエニタイム経由で登録すると168ポイントもらえます。両方のサービスともにポイントエニタイム経由で申し込み、かつdカードをdマガジンの支払いに使うことで、無駄なくポイントが獲得ができます。

さらに2021年7月現在、ポイントエニタイムでは2,000ポイントもらえる入会キャンペーンが展開されています。1ポイント1円の価値があるため、実質2,000円を無料で獲得できるチャンスと言えるでしょう。

\無料お試しで51円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

\最大142円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常申し込みよりも断然お得!

ポイントエニタイムバナー_728x90
電子書籍の関連記事
  • flier(フライヤー)の料金プラン一覧!無料期間以外で安く利用する方法!
  • 本の要約アプリflier(フライヤー)の口コミ評判!実際の利用者の感想・評価も紹介!
  • スマートニュースのクーポンの使い方!出ない・使えないときの対処法や探し方も解説!
  • 【危険性が高い?】スマートニュースの口コミ評判!実際の利用者の評価からわかったメリット・デメリットを紹介!
  • dマガジンの口コミ評判まとめ!実際の利用者の評価・感想からわかったメリットとデメリットも紹介!
  • dマガジンの支払い方法・変更方法を解説!ドコモ以外(ソフトバンク・au)はクレジットカードのみ?