1位 スマイルゼミ

  • 楽しみながら学習習慣が身につき、継続して学習できる通信教育
  • タブレットですぐに始められる、楽しく学習できる
  • ポイントエニタイムからの無料資料請求で、今なら100円分のポイントゲット!

2位 ユーキャン

  • 様々な講座があり、添削指導が受けられる
  • 自身のペースで学習を進められ、模擬試験でしっかり試験対策ができる
  • ポイントエニタイムからの申し込みで、今なら3500円分のポイントゲット!

「第一種衛生管理者の資格を取りたいけれど、どのような勉強方法が効率的なんだろう...」

「一夜漬けでも試験に合格できるのだろうか...」

このように第一種衛生管理者の資格試験の勉強に関して不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では効果的な勉強方法や、独学がうまくいくか不安な方へおすすめの通信教育を紹介します。

これから第一種衛生管理者の資格試験を勉強を開始しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

ポイントエニタイムバナー_728x90

【独学】第一種衛生管理者の勉強方法まとめ

第一種衛生管理者の効率的な勉強方法の流れは、以下の通りです。

  • ステップ1|過去問から試験内容を確認する
  • ステップ2|テキストを一読する
  • ステップ3|過去問(問題集)を解く
  • ステップ4|間違えた・迷った箇所をテキストで復習する
  • ステップ5|演習と復習を繰り返す
  • ステップ6|実際の試験形式で過去問を解く

これらの勉強方法の流れを知ることで、スムーズかつ効率的に学習を進めらます。

それでは、第一種衛生管理者の勉強方法の流れについて詳しく見ていきましょう。

ステップ1|過去問から試験内容を確認する

まずはじめに行いたいこととして、過去問で試験内容を確認するという手順があります。過去問に目を通すことで、試験の出題内容や問われる内容を把握できるでしょう。

これまでの出題傾向を大まかに把握しておくと、具体的な対策が取りやすくなる利点があります。また、試験に出されるそれぞれの分野をどの程度のレベルまで学習すれば良いかイメージしやすいです。

過去問から試験内容を確認する具体的な内容として、問題の数や配点、試験時間、出題形式などをチェックしましょう。

なお、過去問は書店で購入できるほか、インターネットでも確認可能できます。

ステップ2|テキストを一読する

過去問を確認した後は、テキストを一読して内容を把握しましょう。

テキストを一読して内容を把握しておくと、学習を進める上での最低限の基礎知識をつけられます。また、科目や分野ごとのボリュームも理解できます。

第一種衛生管理者試験とはどんなものか、どんな学習内容なのかなどの全体感を把握できます。そうすることで、過去問を解く際に取っつきやすくなります。

一読する際のコツとして、完璧に暗記する必要はなく、あくまで大まかな内容や流れを把握しいく仕方で読み進めると良いでしょう。

ステップ3|過去問(問題集)を解く

テキストを一読し、全体感を確認した後は、過去問・問題集を解いていきます。

テキストを丁寧に熟読し、ノートやメモにまとめるよりも問題をどんどん解いていった方が効率的に合格に近付きます。また、過去問・問題集を解いていくことで、自身が理解していない苦手箇所を明確化できるでしょう。

さらに、過去問・問題集を解いていくうちに、これまでの出題傾向を把握でき、効率的に資格取得を目指すことも可能となります。

間違った箇所や迷った箇所は後から再度解き直す際に、すぐにわかるように印をつけておくと、次回以降注意して取り組めます。

ステップ4|間違えた・迷った箇所をテキストで復習する

過去問で実際に演習を行なった際には、間違えた・迷った箇所をテキストで復習する習慣も必ず付けましょう。

間違えた箇所をそのまま放置すると、類似の問題で再度間違ってしまう可能性が生じます。また、解きっぱなしでは正確な知識は身に付きません。

具体的な方法として、間違えた・迷った箇所はすぐにテキストで納得できるまで確認します。その際に、テキストを読んで正しい答えになる理由を理解できるようにしておくことが大切です。

なお演習と復習は、1サイクルとして同時に行う方がより効率的です。時間をおいて間違えた箇所を確認しても、なぜ間違ったのか、何がわからなかったのか自身でも分からなくなってしまいます。

ステップ5|演習と復習を繰り返す

ステップ4まで進んだ段階でできることは、演習と復習を繰り返すことです。演習と復習を繰り返すことにより、自身が理解できていない箇所を少しずつ減らしていけます。

演習と復習を1サイクルとして、何度も繰り返し学習すると、過去に解いた問題と試験本番で遭遇する確率が上がります。

第一種衛生管理者の試験は年に試験が行われる回数が多いため、問題は使い回される傾向が強いです。

なお、繰り返し間違う箇所を発見した場合には、ノートにまとめるなどの定着させる工夫をすることをおすすめします。

ステップ6|実際の試験形式で過去問を解く

第一種衛生管理者の勉強方法の最後のステップは、実際の試験形式で過去問を解くことです。本試験の雰囲気や感覚に慣れておくために、必ず行いましょう。

事前に実際の試験形式に慣れておくことで、試験当日の時間配分を把握でき、試験当日に問題の形式や解答時間で焦らずに済みます。

なお、実際の試験形式で過去問を解く際には、きちんと時間を測って実施する必要があります。また、限りなく試験本番に近い環境で行うことも大切です。

余裕を持って合格点を超えられるようになるまで、ステップ5と6を繰り返し実施するようにしましょう。

第一種衛生管理者試験の合格率(難易度)

衛生管理者の合格率は「安全衛生技術試験協会」の公式サイトで確認できます。2020年度(令和2年度)の合格率を下表にまとめています。

試験種別 合格率
第一種衛生管理者 43.8%
第二種衛生管理者 52.8

上表にもある通り、合格率を見ると比較的難易度は低めの試験であることがわかります。一種の方が試験範囲が広いため、合格率は低めです。

第一種衛生管理者は、農林畜水産業や建設業、医療業などのさまざまな業種の衛生管理を行えます。また、化学物質を取り扱う有害業務を含む業種での業務も可能です。

対して、第二種衛生管理者は、金融や保険業、情報通信業などのオフィスワークを中心とした場所での業務に対応範囲で狭くなります。

第一種と第二種衛生管理者の違いとして、第一種衛生管理者が行える有害業務の管理を第二種衛生管理者は行えない点があります。

これら理由により、第一種衛生管理者は第二種衛生管理者と比べ難易度が少し高くなっていると言えます。

第一種衛生管理者試験合格に必要な得点率

第一種衛生管理者試験合格には、全体の得点率と科目ごとの得点率の2点があります。

具体的な、第一種衛生管理者試験合格に必要な得点率を下表にまとめました。

必要科目 得点率
労働衛生 有害業務に関わる分野 各科目で4割以上かつ全科目の総得点が6割以上
有害業務以外の分野
関係法令 有害業務に関わる分野
有害業務以外の分野
労働生理

このように、第一種衛生管理者試験では、各科目に足切りがあります。そのため、1つの分野に特化して高得点を目指すのではなく、全分野をまんべんなく学習することが必須です。

第一種衛生管理者試験合格に必要な勉強時間(期間)

第一種衛生管理者試験の合格に必要な勉強期間は、2〜4か月が平均的とされています。

具体例として、第一種衛生管理者試験講座を提供している3社の推奨勉強時間、学習期間を下表にまとめました。

講座名 勉強時間 学習期間
ユーキャン 約100時間 4〜6か月
SAT 60〜90時間 2〜3か月
オンスク 約40時間 1か月

ユーキャンの学習スケジュールは、働きながら資格を目指す方や子育て中の方などのスキマ時間でも学習できるよう、ゆとりを持たせているため、ほかの講座より学習期間が長めに設定されています。

なお上記目安は無理ない設定であるため、1日あたりの学習量を増やせば、早く合格することも可能です。また、第一種衛生管理者の基礎知識の有無によって、実際の勉強時間は大きく異なります。

そのため、あくまで参考としてお考えください。

【タイプ別】第一種衛生管理者試験の勉強スケジュール例

第一種衛生管理者試験の勉強スケジュール例として、以下の2つのパターンを紹介します。

  • 短期間で合格したい場合
  • 時間をかけて確実に合格したい場合

それでは、第一種衛生管理者試験の勉強スケジュール例について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

短期間で合格したい場合

短期間で合格したい方向けのスケジュールを、下表にまとめています。なお、1日1時間程度勉強することを前提としたスケジュールです。

期間 内容
1〜5日 過去問で試験内容を確認
2~3週間 テキストを一読する
6~7週間 演習と見直しを繰り返す
2~3週間 実際の試験形式で過去問を解く
合計期間 約3か月

人によって学習の早さは異なるため、あくまで上記の学習スケジュールは目安になります。

短期間で合格を目指す場合は、上記以外の時間でもスキマ時間に知識を入れていくことも大切です。

時間をかけて確実に合格したい場合

反対に時間をかけて確実に合格したい場合の学習スケジュールに関しても、下表にまとめています。1日30分〜1時間程度勉強することを前提としたスケジュールです。

期間 内容
1週間 過去問で試験内容を確認
5~6週間 テキストを一読する
10~12週間 演習と見直しを繰り返する
4~5週間 実際の試験形式で過去問を解く
合計期間 約6か月

こちらにスケジュールに関しても、人によって学習の早さが異なるため、6か月間の合格期間はあくまでも目安としてください。

第一種衛生管理者試験の効率よく勉強するコツ

第一種衛生管理者試験をより効率よく勉強するコツとして、以下の3つがあります。

  • テキストを暗記しようとしない
  • 過去問ベースで学習を進める
  • 何度も出てくる問題は確実に押さえておく

それではここから、上記3つのコツについてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

テキストを暗記しようとしない

第一種衛生管理者試験を効率よく勉強するコツとして、テキストを丸暗記する必要はないという点があります。

テキストには、試験にあまり出題されない内容も記載されているため、すべてを丸暗記する必要はありません。すべての箇所が試験で出題されるのではなく、よく出題されるポイントはある程度決まっています。

そのため、テキストはあくまで概要や復習する際の詳細確認用として活用するようにしましょう。すべてを押さえるのではなく、演習を踏まえて必要なポイントを押さえていくことが大切です。

過去問ベースで学習を進める

他のコツとして、過去問中心に学習を進めることが挙げられます。過去問中心に学習を進めると良い理由は、衛生管理者試験は毎回似た内容の問題が出題される傾向があるためです。

衛生管理者試験は、毎月1~5回程度の非常にハイペースで行われているため、過去の問題を使い回さないと運営側も回らない背景があります。

つまり過去問を繰り返し解くことで、頻出のポイントを網羅しやすくなるでしょう。過去問を中心に学習を進め、わからない箇所をテキストで確認することをおすすめします。

何度も出てくる問題は確実に押さえておく

3つ目のコツは、何度も出てくる問題は確実に押さえておくことです。先述の内容と被りますが、過去問を使い回している関係で、出てくる問題もどうしても被ってしまうことが多くなります。

つまり何度も出てくる問題は重要ポイントであるため、試験本番でも出題される可能性が高いと言えます。このように、何度も出てくる問題を確実に抑えることで、堅実に得点アップを目指せます。

何度も出てくる問題は、自身でノートにまとめるなどして確実に定着させることをおすすめします。

第一種衛生管理者試験の勉強に不安がある場合は通信教育がおすすめ

第一種衛生管理者試験の通信教育について、以下の観点から解説していきます。

  • 独学のデメリット
  • おすすめの通信教育

会社の有給を利用して、試験を受ける方も多いかと思います。何度も落ちて恥ずかしい思いをしないためにも、通信教育を受講して一発合格目指すのもありでしょう。

何度も試験に落ちたくないと言う方は、ぜひ参考にしてください。

独学のデメリット

独学を行う際は、どうしても気持ちを維持しにくいと言うデメリットがあります。例えば解説やテキストを読んでもわからない場合は、モチベーション低下につながりやすいです。

また学習方法や学習範囲、重要ポイントなどがわからないため、学習効率が落ちやすい点も挙げられます。

これに対して、通信教育では試験合格のノウハウが蓄積されているため、安心して学習を進められます。さらに多くの通信教育では、添削・質問サービスがあります。

このサービスにより、合格に最適な対策や自身の理解度を確認できます。また疑問点が生じたときでも気軽に質問できるため、立ち止まることなく勉強を進めやすいです。

「独学での学習が不安な方」や「最低限の学習で効率よく合格を目指したい方」には、通信教育がおすすめです。

おすすめの通信教育

おすすめの通信教育として「ユーキャン」があります。ユーキャンは、通信教育を提供する株式会社ユーキャンが運営会社です。

講座名 社会福祉士講座
目指せる資格 第一種衛生管理者
受講料 一括払いの場合:39,000円
分割払いの場合:3,300円×12回(39,600円)
受講期間 6か月
教材 ・メインテキスト6冊
・合格問題集3冊
・重要ポイント総まとめ
・添削・質問関係書類一式
・ガイドブック
サポート内容 ・添削指導4回
・質問1日3問まで

ユーキャンの通信講座のおすすめポイント

  • 初学者でも、わかりやすいテキスト内容
  • 学習のサポートが充実している
  • 学習スケジュールの管理ができる

開講実績が35年以上の講座があり、長年にわたる指導実績により、学びのノウハウを活かした教材で効率的に学習できます。

ユーキャンで学習するメリットは、テキストのわかりやすさと学習のサポートの充実面です。テイストは、カラーであったり、図解が多かったりと資格的に理解しやすい内容になっています。

また全4回の添削指導や1日3回までの質問サービスがあり、わからない箇所があってもスムーズに学習を進められます。

さらに、試験日から逆算した学習スケジュールをオンラインで作成できる「学びオンラインプラス」も活用でき、学習スケジュールもしっかり管理できます。

以上の点を踏まえると、以下の方にユーキャンはおすすめです。

  • プロの講師からのサポートがほしい人
  • スケジュール管理が苦手な人
  • 衛生管理者について知識がない初学者の人

ユーキャンの実際の利用者の口コミ評判を詳しく知りたい方は「【悪い?】通信教育ユーキャンの口コミ評判ってどうなの?実際の利用者の評価・レビューから徹底分析!」も参考にしてください。

【悪い?】通信教育ユーキャンの口コミ評判ってどうなの?実際の利用者の評価・レビューから徹底分析!
2021.8.3
この記事では、実際に利用した方の口コミ評判をもとに、ユーキャンのメリットやデメリットを解説します。 口コミ評判からわかったユーキャンがおすすめな人 スクールに通う時間がない人 必要最低限の内容の教材で、効率よく合格を目指したい人 実践的な学びで理解を深めたい人 上記に当てはまった方は、ポイントサイト...…

\講座申し込みで1,363円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

第一種衛生管理者試験に関するよくある質問

衛生管理者試験は一夜漬けで対処できる?

衛生管理者試験は、基本的に一夜漬けでは対処できません。衛生管理者試験の出題傾向が毎回似ているとは言え、一夜漬けで網羅できるほど出題範囲は狭くないです。

また全科目で4割以上の得点が必要なため、特定の得意科目で得点を稼ぐこともできません。

このように、衛生管理者試験は一夜漬けではカバーできないため、できれば3か月以上前から学習を始めることをおすすめします。

第二種衛生管理者試験は第一種より難易度が低い?

第二種衛生管理者試験は、第一種より難易度が低いと言えます。

参考として、2018年の第一種衛生管理者試験の合格率は44.2%に対し、第二種衛生管理者試験の合格率は52.4%でした。

シンプルに高確率から考えて、第二種衛生管理者試験のほうが難易度は低いと言えるでしょう。さらに、第二種衛生管理者試験は第一種に比べ、科目範囲が狭いという点も理由に挙げられます。

第二種衛生管理者は、第一種衛生管理者では取り扱える業務の範囲が異なります。そのため、多くの仕事で役立てたい方には、第一種衛生管理者の資格取得がおすすめです。

【まとめ】一発合格したい方は通信教育がおすすめ

この記事では、第一種衛生管理者試験に関して以下の点を紹介しました。

  • 第一種衛生管理者試験を独学で対策する場合の効率的な勉強手順
  • 学習を進めるにあたり不安がある方には、通信講座の利用がおすすめ
  • 一発合格したい初学者の方におすすめの通信講座にユーキャンがある

ユーキャンの通信講座を申し込みする際は、ポイントサイトを経由して申し込みとお得になります。ここでは、おすすめのポイントサイトとして「ポイントエニタイム」を紹介します。

ポイントエニタイムを経由してユーキャンの衛生管理者講座を購入すると、1,363ポイント獲得できます。

ユーキャン

このポイントは、1ポイント1円で交換でき、電子マネー、ギフト券など好きな方法で交換可能です。

さらに2021年7月現在、入会キャンペーンとして、簡単な案件をこなすことで2,000ポイント追加でもらえるお得なキャンペーンも実施されています。

\講座申し込みで1,363円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

ポイントエニタイムバナー_728x90
教育の関連記事
  • マクロビオティックの資格はこの6種類がおすすめ!独学方法や取得メリットも徹底解説
  • 介護食の資格5種類を徹底比較!取得方法やメリットも解説
  • オーガニックの資格でおすすめの種類7選!独学する方法や役立つ仕事も徹底解説
  • スポーツフードスペシャリスト資格とは?活かせる仕事や試験の合格率、口コミ評判も解説
  • 紅茶の資格を取得するならどれがいい?おすすめの資格6種類を紹介
  • チョコレートソムリエとはどんな資格?難易度や仕事への活かし方も解説