1位 スマイルゼミ

  • 楽しみながら学習習慣が身につき、継続して学習できる通信教育
  • タブレットですぐに始められる、楽しく学習できる
  • ポイントエニタイムからの無料資料請求で、今なら100円分のポイントゲット!

2位 ユーキャン

  • 様々な講座があり、添削指導が受けられる
  • 自身のペースで学習を進められ、模擬試験でしっかり試験対策ができる
  • ポイントエニタイムからの申し込みで、今なら3500円分のポイントゲット!

「社会福祉士の資格を取りたいけれど、どのような勉強方法が効率的なんだろう」

「難易度が高く、多くの勉強時間が必要と聞いたけれど、独学で対応できるのか心配」

このように、社会福祉士の資格試験の勉強に関して、不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では、社会福祉士試験の効率的な勉強方法や、独学に対して不安な方に向けて、おすすめの通信教育を紹介します。

目次

ポイントエニタイムバナー_728x90

社会福祉士の試験を受験する前に確認しておきたいこと

社会福祉士の試験を受験する前に確認しておきたいこととして、以下の2つが挙げられます。

  • 受験資格
  • 受験科目数

これらのポイントを確認しておかないと「そもそも受験資格がない」という状況が発生する可能性があります。スムーズに資格を取得するためにも、必ずこれら2つのポイントを押さえておきましょう。

それでは各ポイントについて詳しく見ていきましょう。

受験資格

社会福祉士試験を受けるためには、特定の受験資格が必要です。受験資格を得る方法には、大きく分けて以下の3パターンがあります。

  • 福祉系の4年生大学や短大で指定科目を履修し、卒業する
  • 短期養成施設などで修学する
  • 一般養成施設などで修学する

上記の3つのパターンも、さらに細かく内容が分かれていきます。

具体的には、福祉系の短期大学で指定科目を履修した場合は、卒業後に相談援助実務の経験が一定期間必要になります。また、2年生の短大で修学した場合は、2年の実務経験、3年生の短大で修学した場合は、1年の実務経験が必要です。

他の方法として、福祉に関わる大学や短期大学で基礎科目を履修し、卒業後に短期養成施設などで一定期間(6か月間)以上、知識と技能を習得する方法もあります。

また、一般の大学や短期大学を卒業した場合は、一般養成施設などで一定期間(1年間)以上、知識と技能を習得する方法もあります。

細かくみると受験資格を得る方法は10通り以上あるため、より詳しく受験資格を得る方法を知りたい方は、社会福祉振興・試験センター公式サイトを確認しましょう。

社会福祉士は国家資格であり受験資格が細かく、どなたでも受験できるものではありません。そのため、受験資格は必ず事前に確認しておく必要があります。

受験科目数

社会福祉士の受験科目数は19科目です。各科目は以下の通りです。

  1. 人体の構造と機能及び疾病
  2. 心理学理論と心理的支援
  3. 社会理論と社会システム
  4. 現代社会と福祉
  5. 社会調査の基礎
  6. 相談援助の基礎と専門職
  7. 相談援助の理論と方法
  8. 地域福祉の理論と方法
  9. 福祉行財政と福祉計画
  10. 福祉サービスの組織と経営
  11. 社会保障
  12. 高齢者に対する支援と介護保険制度
  13. 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  14. 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  15. 低所得者に対する支援と生活保護制度
  16. 保健医療サービス
  17. 就労支援サービス
  18. 権利擁護と成年後見制度
  19. 更生保護制度

19科目という数からわかるように、試験範囲は非常に広いです。そのため、独学での勉強は不可能ではないにしろ、難しいと言えます。

なお独学以外のおすすめの勉強方法として、通信教育があります。通信教育を使うと、独学に近い環境で体系的な学習が可能になり、合格への可能性を高められます。

【独学】社会福祉士試験の勉強方法

独学での社会福祉士試験の勉強方法には、以下の7つのステップがあります。

  • ステップ1|過去問をはじめに確認する
  • ステップ2|参考書(テキスト)を簡単に一読する
  • ステップ3|一問一答などの簡単な問題で理解度をチェックする
  • ステップ4|過去問や問題集で演習をする
  • ステップ5|演習で不明な箇所を参考書で復習する
  • ステップ6|演習と復習を繰り返して定着させる
  • ステップ7|試験形式で過去問を解く

独学の方法を知ることで、効率よく学習を進められます。それでは、独学での社会福祉士試験の勉強方法について、詳しく見ていきましょう。

ステップ1|過去問をはじめに確認する

まず、過去問をはじめに確認しましょう。

過去問を確認すると、問題の傾向や全体の概要を把握できます。また、過去問は実際に出題されたものであるため、必要となる学習内容がわかります。さらに、試験形式を前もって把握できるのも、大きなメリットです。

先述の通り、社会福祉士試験の勉強範囲は多岐にわたります。少しでも効率を上げるには、学習を始める前の過去問の確認は欠かせません。

ステップ2|参考書(テキスト)を簡単に一読する

過去問の確認後は、参考書やテキストを簡単に一読しましょう。

参考書全体を簡単に読み通すことで、社会福祉士試験の基本的な内容を理解できます。また、自身が重点的に学習すべき分野(苦手分野)を把握しやすくなります。

読み通す際に、自身の理解が追いつかなそうな箇所や、特に暗記が難しそうな箇所を見つけたら、そこにチェックを入れておくと良いでしょう。

注意点として、テキストは複数冊買う必要はありません。テキスト同士で内容が重複している箇所も多々出てくるため、複数テキストを使用することは時間の無駄になりかねません。

なおテキストは自身が理解しやすいものを、1冊選ぶことがおすすめです。イラストが多いものや、全体のデザインが良いものなど「このテキストであれば勉強に集中できそう」と感じる1冊を見つけてください。

補足として、参考書を読む際は内容をすべて暗記するのではなく、あくまで簡単に概要や苦手分野を理解する程度で抑えましょう。

ステップ3|一問一答などの簡単な問題で理解度をチェックする

テキストに目を通した後は、一問一答などの簡単な問題で理解度をチェックしましょう。

内容の理解を深めるためには、インプットのみでなくアウトプットも必要です。学んだ内容を理解しているかを問題を通して確認することで、理解度が深まります。その際に、得意な科目と不得意な科目を明確に把握することも大切です。

その中で特に重要なのは、不得意な単元をより明確にすることです。不得意な単元が明確になれば、今後の学習で注意して取り組む内容を把握できます。

合格するために、失点をできるだけ抑えるイメージで学習するようにしましょう。

ステップ4|過去問や問題集で演習をする

簡単な問題に触れた後は、過去問や問題集で演習をしましょう。

過去問や問題集で演習することで、本当に内容を理解・暗記ができているかわかります。また、試験に出やすい問題の傾向も把握できるでしょう。

また簡単な問題同様に、演習の際に曖昧な箇所や間違えた問題はしっかりチェックしておき、復習をしやすい状態にしておくのがポイントです。加えて「このタイプの問題はよく出題される」と思ったら、そこも重点的に学習できるようチェックしておきましょう。

ステップ5|演習で不明な箇所を参考書で復習する

演習で不明な箇所や間違えた箇所を、都度参考書で復習しましょう。

不明な点を復習することで、得点を上げることができます。先述の通り、資格試験では苦手な科目をより少なくすることが大きなカギです。わからない部分を修正していくことで知識の抜けがなくなり、全体的な理解が深まります。

重要なのは、正解していても不安な点があれば徹底して復習することです。偶然正答したというのでは、次回は誤答する恐れがあります。確信をもって解答できるまで、理解力を向上させることが大切です。

また、もう1つ大切なポイントは、演習直後に復習を行うことです。演習してしばらく時間が経った後では、演習の際の感覚や疑問に思っていた点を、忘れてしまう可能性があります。

ステップ6|演習と復習を繰り返して定着させる

その後は、演習と復習を繰り返して内容を定着させましょう。

ステップ4と5で行ったことを繰り返すことで、得意な科目はさらに得意になり、苦手な科目は減少していくでしょう。

また、さまざまな角度からの問題に触れることで、内容の本質的な理解につながります。さらに、問題を解くこと自体への慣れも生まれるでしょう。

ここでのポイントは間違えやすい科目があれば、演習と復習のサイクルをほかの単元より多くすることです。加えてサイクル間の期間を短くすると、学習効率が高まります。

ステップ7|試験形式で過去問を解く

試験日が近くなった段階で、試験形式で過去問を解きましょう。

試験形式で過去問を解くことで、解く順番や時間配分を把握できます。わからない問題があったときに、その問題に多くの時間を費やさないなど、合格するために必要な要素が試験形式の演習によって掴めます。

また、実践的な演習をこなすと、試験本番への必要な準備を把握でき、実際の試験を受ける際の緊張も抑えられるでしょう。

本番と同じ解答時間で解答することはもちろん、実際の試験が行われる時間に演習してみることもおすすめです。シミュレーションを可能な限り本番に近づけることで、より実践的な演習を行えます。

補足|苦手箇所はノートに簡単にまとめる

ここまで紹介した7つのステップに加えて、苦手箇所はノートに簡単にまとめておくこともおすすめです。

苦手箇所のまとめノートを定期的に確認することで、苦手箇所の克服に大きく貢献します。また「書いてまとめる」という行為そのものが、内容理解につながるというメリットもあります。

注意点として、まとめることに時間を掛けるのは避けましょう。ノートに書く内容は、あくまでスキマ時間に確認できる程度に抑え、時間を掛けずに済む内容量にしましょう。

時間を多く消費しないように内容が把握できる程度にして、そこまで丁寧に書きとめる必要はありません。

社会福祉士試験の合格率・合格ライン

ここからは、社会福祉士試験に関する以下の2点を解説します。

  • 合格率(難易度)
  • ボーダーライン

社会福祉士試験の合格率やボーダーラインを知ることで、社会福祉士試験を合格するために必要な勉強量を把握できます。

それでは、これら2点の詳細について、詳しく見ていきましょう。

合格率(難易度)

社会福祉士試験の合格率は、過去5年間の平均で約30%です。つまり10人中3人が合格できるレベルです。

参考として、実際に行われた社会福祉士試験の直近5回分の合格率を下表にまとめました。

試験回 合格率
第33回 29.3%
第32回 29.3%
第31回 29.9%
第30回 30.2%
第29回 25.8%

合格率を確認すると、社会福祉士試験の難易度は一般の資格試験の中では中程度です。範囲が膨大なため、勉強時間は比較的必要ですが、先ほどの7つのステップを地道に行えば十分合格できる試験です。

しっかり学習する方にとっては、決して狭き門ではありません。

ボーダーライン

過去のデータを考慮すると、社会福祉士試験のボーダーラインは150点満点中約60%で落ち着いています。

参考として、実際に行われた社会福祉士試験の直近5回分のボーダーラインを下表にまとめました。

試験回 ボーダーライン
第33回 93点
第32回 88点
第31回 89点
第30回 99点
第29回 86点

上表の通り、おおむね90点前後が合格のボーダーラインであるのがわかります。

ただし注意点として、60%を超えていても、18科目群(上記試験科目の17・19を同じ科目群とする)の中で、1つの正解もない科目群が1つでもあれば不合格となります。

この点を踏まえると、苦手な単元をなくすことが大事です。

社会福祉士試験の合格に必要な勉強時間目安

社会福祉士試験の合格に必要な勉強時間は、一般的に300時間程度とされています。

通信教育の「ユーキャン」「資格の大原」「日福アカデミー」を例に、必要な勉強時間を下表にまとめました。

通信教育・資格学校 勉強時間 期間
ユーキャン 300時間 5~10か月間
資格の大原 180時間 5か月間
日福アカデミー 250時間 7か月間

テキストの内容や基礎知識の有無によって異なるものの、多くかかっても300時間以内で収まる可能性が高いです。

勉強期間を設定する際は、1日に確保できそうな学習時間を考慮しながら、設定するようにしましょう。紹介した通信講座の学習期間を参考にしつつ、試験の日程から逆算して、勉強開始時期や勉強時間を調整するのがおすすめです。

【いつから?】社会福祉士試験の勉強スケジュール例

社会福祉士試験の勉強スケジュール例には、以下の2つのタイプで異なります。

  • コツコツ学習を進めたい場合
  • 短期間で合格したい場合

社会福祉士試験の勉強スケジュールをタイプ別で知ることで、仕事や学校など、自身の生活スタイルの状況に合わせた勉強スケジュールを組むことが可能です。

それでは、タイプ別に社会福祉士試験の勉強スケジュール例について、詳しく見ていきましょう。

コツコツ学習を進めたい場合

下表に、少しずつ学習したい場合の学習スケジュールをまとめました。このスケジュールは、1日1時間程度毎日勉強することを前提としています。

期間 内容
1週間 過去問から試験形式を確認する
1か月間 テキストを1周読む
2か月間 一問一答など簡単な演習を行う
4か月間 演習と復習を繰り返して苦手分野を潰していく
2か月間 過去問に取り組む
1か月間 実際の試験形式で演習する
計 約10か月間 ---

人により学習の早さや基礎的な知識量は異なるため、上記スケジュールはあくまで目安です。必要に応じてスケジュールは適宜調整しましょう。

ポイントとして演習の正答率が非常に低い単元がある場合、前のステップに戻ることも必要です。

短期間で合格したい場合

下表に、短期間で合格したい場合の学習スケジュールをまとめました。このスケジュールは、1日2時間程度毎日勉強することを前提としています。

期間 内容
1週間 過去問から試験形式を確認する
0.5か月間 テキストを1周読む
1か月間 一問一答など簡単な演習を行う
2か月間 演習と確認を繰り返して苦手分野を潰していく
1か月間 過去問に取り組む
0.5か月間 実際の試験形式で演習する
計 約5か月間 ---

コツコツ進める場合と同様に、学習者により学習スピードは変わるため、個々の状況に合わせて調整が必要です。このスケジュールに沿うと約5か月間で学習が終了します。

ただし、短期間の勉強になるため集中力が求められます。理解を補完するためにも、まとめノートや参考書でスキマ時間に知識を入れておくことも非常に重要です。

社会福祉士試験の効率的に勉強するコツ

社会福祉士試験を効率よく勉強するコツには、以下の3つがあります。

  • 苦手科目を作らないようにする
  • 最新の情報をベースに学習を進める
  • インプットとアウトプットを短いサイクルで繰り返す

これら3つのコツを知ることで、効率良く社会福祉士資格を取得できます。それでは、それぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

苦手科目を作らないようにする

効率的に勉強するコツの1つは「苦手科目を作らないようにすること」です。

先述の通り、社会福祉士試験では18科目群の中で、1つの正解もない科目群が1つでもあれば不合格となります。そのため、繰り返しになりますが、苦手科目は残さないことを意識して学習を進めましょう。

苦手科目をなくす具体的な方法として、間違えた箇所はテキストを使って理解できるまで復習することが挙げられます。その際のポイントとして、間違えた直後に復習すると、より知識が定着しやすくなります。

社会福祉士の試験問題は、中途半端に理解して解ける問題ではありません。「なんとなく理解できたかも」では満足せず、根気よく理解に努めるようにしましょう。

最新の情報をベースに学習を進める

ほかのコツとして「最新の情報をベースに学習を進めること」があります。

福祉分野は頻繁に法改正が行われる傾向があり、古いテキストでは対応できない恐れがあるためです。新しい情報をもとに編纂された参考書を使うことで、法改正が行われても問題に対処できます。

最新の情報を効率よく得る方法として、通信教育を利用することが挙げられます。通信教育の教材であれば、常に最新情報が反映されているためです。

例として「ユーキャン」では、教材が届いた後に法改正があった場合、別途最新情報を収めた冊子を届けてくれます。そのため、自身で新しい情報を気にすることなく安心して学習に臨めます。

自身で正確な最新情報を収集すると、多くの時間が掛かったり、不要な情報を収集してしまう可能性があります。ユーキャンなど、教材のプロが管理している教材であれば、こういった時間の無駄はなくせます。

インプットとアウトプットを短いサイクルで繰り返す

「インプットとアウトプットを短いサイクルで繰り返すこと」も大切なコツです。

社会福祉士試験は科目数が多く、暗記範囲も広いです。そのため、インプットのみを行い後からまとめて問題集でアウトプットすると、非常に効率が悪いと言えます。

具体的には、暗記と演習の間の期間が長くなり、いざ演習する際に暗記した内容を忘れている可能性があります。演習のやりっぱなしにせず、間違えた箇所も早いうちに復習することで、素早く正しい理解と置き換えられます。

このコツを実践するポイントとして、1日の勉強の中でインプットとアウトプットを、必ずセットで行うことがあります。加えて、アウトプットの際に出題されやすい範囲や、問われ方を把握し、理解の漏れがないようインプットに活かすこともポイントの1つです。

社会福祉士試験に絶対合格したいと思うなら通信教育がおすすめ

ここまで紹介したように、社会福祉士試験の勉強は独学だと非常に厳しいです。絶対合格したい方は、通信教育や資格学校を利用することをおすすめします。

ここからは社会福祉士試験の学習するために、通信教育がおすすめすることについて、以下の観点から解説をしていきます。

  • 独学するデメリット
  • おすすめの通信教育

独学のデメリットとおすすめの通信教育を知ることで、独学の非効率さや選ぶべき通信教育を学ぶことができます。

それでは、独学するデメリットとおすすめの通信教育について、詳しく見ていきましょう。

独学するデメリット

独学するデメリットとして以下の4点があります。

  • 良質な参考書を選ぶのが難しい
  • 何から学習してけば良いか最適解が出しにくい
  • 最新情報を入手しにくい
  • モチベーションを保つのが難しい

独学だと、試験合格に最適な参考書を選びにくいのが難点です。どの参考書も似通っていて、本当に重要なポイントをしっかり押さえたものかどうか、判断しにくいと感じることもあるでしょう。

また、独学では自由すぎるがゆえに、学習内容や進め方で最適解を見つけにくいです。自身で情報を集めることはできますが、効率の悪い学習をしてしまう可能性も高いです。

さらに、一般に販売されているテキストには、最新情報が反映されてないリスクもあります。古いテキストは、試験で問われる内容をカバーできていないことも多いです。

また、サポートなしで長期間独りで学習を行うため、モチベーション維持の観点でも厳しいです。学習量が多い社会福祉士試験では、5か月間以上勉強に費やすことが珍しくありません。

以上の点を踏まえると、モチベーションを保ちながら、良質な教材のもと最適な学習を行いたい方には、独学は適していないと言えます。

おすすめの通信教育

社会福祉士試験のおすすめの通信教育として、ユーキャンを紹介します。

ユーキャンは、テレビ CMでも知名度が高い通信教育サービスで、社会福祉士をはじめ、多くの資格試験講座を提供しています。まとまった学習時間が取れない方でも、資格を取得できるようスケジュールを組んでくれるのが特徴です。

また社会福祉士試験に関しては、2014~2019年度までに6,973名の合格者を排出した実績があり、信頼性は高いです。

講座名 社会福祉士講座
目指せる資格 社会福祉士
受講料 ・59,000円(一括払い)
・59,760円(分割払い)
受講期間 7か月間(標準学習期間)
教材 ・メインテキスト5冊
・副教材(チェック&ドリル2冊、社会福祉士国家試験問題集、ガイドブック、添削・質問関係書類)
サポート内容 ・質問サービス
・添削指導
・Webテスト
・解答速報
・学びオンライン プラス
・翌年の試験まで継続サポート

ユーキャンがおすすめポイント

  • 充実した学習サポート
  • 最新の情報が教材に反映されている
  • テキストがわかりやすい

ユーキャンはサポートが充実しています。質問があるときは、メールや郵送で尋ねると、経験豊富な講師陣が丁寧に答えてくれます。また、計6回の添削課題があり、自身の解答に対して、わかりやすいアドバイスを添えて返信してくれます。

さらに、ユーキャン受講生限定の学習支援Webサービス「学びオンライン プラス」で授業動画や、ミニテストなどのコンテンツを視聴できるため、スマホ学習も可能です。

教材に関しては、先述の通り、最新情報を教材に反映しています。教材配布後に法改正があった場合は、追加で冊子が届けられます。

また、テキストは初心者にもわかりやすく、専門的な内容も基本的なところから丁寧に解説しているため、学習がスムーズにできます。また、文章のみでなく、図やイラストなどを駆使してあるのも魅力です。

ユーキャンの講座について以下にまとめました。

  • ユーキャンでは、学習を進めやすくしてくれるサポートが充実している
  • テキストは最新情報が反映されており、法改正による内容の変更があっても安心
  • 社会福祉士試験の初学者におすすめ
  • 効率よく勉強を進めたい方におすすめ

ユーキャンの実際の利用者の口コミ評判を詳しく知りたい方は「【悪い?】通信教育ユーキャンの口コミ評判ってどうなの?実際の利用者の評価・レビューから徹底分析!」も参考にしてください。

【悪い?】通信教育ユーキャンの口コミ評判ってどうなの?実際の利用者の評価・レビューから徹底分析!
2021.8.3
この記事では、実際に利用した方の口コミ評判をもとに、ユーキャンのメリットやデメリットを解説します。 口コミ評判からわかったユーキャンがおすすめな人 スクールに通う時間がない人 必要最低限の内容の教材で、効率よく合格を目指したい人 実践的な学びで理解を深めたい人 上記に当てはまった方は、ポイントサイト...…

\講座申し込みで1,363円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

社会福祉士試験に関するよくある質問

共通科目と専門科目の違いはなに?

共通科目は、同じ福祉国家資格の「精神保健福祉士」と共通の試験内容です。一方、専門科目は、社会福祉士専門の試験です。

それぞれの科目を下表にまとめました。

共通科目 専門科目
・人体の構造と機能及び疾病
・心理学理論と心理的支援
・社会理論と社会システム
・現代社会と福祉
・地域福祉の理論と方法
・福祉行財政と福祉計画
・社会保障
・障害者に対する支援と障害者自立支援制度
・低所得者に対する支援と生活保護制度
・保健医療サービス
・権利擁護と成年後見制度
・社会調査の基礎
・相談援助の基礎と専門職
・相談援助の理論と方法
・福祉サービスの組織と経営
・高齢者に対する支援と介護保険制度
・児童や家庭に対する支援と児童
・家庭福祉制度
・就労支援サービス
・更生保護制度

精神保健福祉士の場合は共通科目免除で受験できる?

精神保健福祉士を持っている方の場合は、共通科目は免除されます。

先述のように、共通科目は同じ福祉国家資格の「精神保健福祉士」と共通の試験内容であるためです。すでに精神保健福祉士の資格を持っている方は、一般の受験生の方よりも、試験範囲が少なくなるので、学習しやすいでしょう。

まとめ

本文で紹介した重要なポイントを以下にまとめました。

  • 独学で社会福祉士の勉強する際は、7つのステップを押さえる
  • 自身の状況に合わせて、勉強スケジュールを組む
  • 効率良く学習するために、3つのコツやポイントを把握する
  • 出題範囲が広いこと、最新情報が必須なことを踏まえ、通信教育での学習がおすすめ
  • サポートが充実しており、最新情報が反映されているユーキャンがおすすめ

ユーキャンで社会福祉士試験の勉強をすることに検討している方に、お得な講座申込み方法をご紹介します。それは、ポイントサイトを経由して申し込むことです。ポイントサイト経由だと、通常の申し込みとは異なり、ポイントを付与してもらえます。

おすすめのポイントサイトの1つは「ポイントエニタイム」です。ポイントエニタイム経由で、ユーキャンの社会福祉士講座を購入すると、1,363ポイントもらえます。

ユーキャン

1ポイント1円で交換できるため、実質的に1,363円分もらえる計算になります。

さらに、2021年7月現在、入会キャンペーンとして簡単な案件をこなすことで、2,000ポイント追加でもらえます。合計すると3,363円になり、非常にお得です。

\講座申し込みで1,363円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

ポイントエニタイムバナー_728x90
教育の関連記事
  • マクロビオティックの資格はこの6種類がおすすめ!独学方法や取得メリットも徹底解説
  • 介護食の資格5種類を徹底比較!取得方法やメリットも解説
  • オーガニックの資格でおすすめの種類7選!独学する方法や役立つ仕事も徹底解説
  • スポーツフードスペシャリスト資格とは?活かせる仕事や試験の合格率、口コミ評判も解説
  • 紅茶の資格を取得するならどれがいい?おすすめの資格6種類を紹介
  • チョコレートソムリエとはどんな資格?難易度や仕事への活かし方も解説