皆さまこんにちは!

たまご大好きポイントエニタイム 運営スタッフのみーこです。

 

煮卵ってラーメンに入れてもそのまま食べてもとっても美味しいですよね!

でも作るのはちょっと大変🌀

たまごを茹でて殻をむいて、大量のめんつゆに漬け込んで…

しかも、大量のめんつゆを消費する割にたまごにはムラが出来ていたりして…と、綺麗な煮卵に仕上げるのには中々手間がかかります。

 

そんな大変な作業を簡略化してくれるのがこちらの、

ダイソーの【味付けたまごメーカー】です!

 

これがあれば、少量のめんつゆでもムラなく綺麗で美味しい煮卵を作ることが出来ます。

それでは作り方をご説明致します!

 

①たまごを茹でる

沸騰したお湯に冷蔵庫から出したばかりのたまごを4個入れます。

5分で超半熟、7分で半熟、9分でしっとり固ゆで、10分で固ゆでのゆで卵が出来上がりますのでお好みの固さまで茹でて下さい。

私は半熟が好みなので7分茹でました。

茹で上がったら冷水に取り殻をむいておきます。

たまごを容器にセットしてめんつゆを入れる

めんつゆを容器の内側の上部にある線まで注ぎ入れます。

大体100ml分のめんつゆが必要になるそうです。

好みのめんつゆで構いませんが、濃縮めんつゆをご使用の方はお水を足して好みの味に調整して下さい。

ちなみに私は4倍濃縮のめんつゆを50ml、お水を50mlの1:1の比率で使用しました。

➂フタをして漬け込む

落としブタをしてから外ブタを閉め、冷蔵庫で約1時間漬け込みます。

漬け込み時間でも味の濃さが決まって来るので、薄味が好みの方は1時間、濃い味が好みの方はもう少し長く漬け込むといいでしょう。

④完成

フタを外してたまごを取り出します。

どの面もしっかり漬かっていて美味しそうです♪

カットして見ると、中は綺麗な半熟でめんつゆがよく染みています!

 

どうでしょうか?

タッパーやビニール袋を使って煮卵を作ろうとすると、もっと大量のめんつゆを消費することになりますよね?

ですが今回めんつゆは50mlしか使用していません!!

また、ムラが出来ない様にこまめに揺すったりする必要もありません。ほったらかしでこの出来栄え!!

 

いつもならビニール袋にダバダバめんつゆを注ぎ入れている私にはこの味付きたまごメーカーは正に革命!

ビニール袋だと冷蔵庫にめんつゆがこぼれてしまう事もありますが、こちらは容器もしっかりしているので、こぼれたり漏れたりすることも全くありませんでした✌

お料理に煮卵が入っていると一気に豪華に見えますので、年末年始のシーズンにも活躍してくれそうです♡

ダイソーの【味付けたまごメーカー】は上手く煮卵が作れない、めんつゆを節約したい、そう思っている方に是非使ってみて頂きたい商品でした!

ポイントエニタイムバナー_728x90