1位 スマイルゼミ

  • 楽しみながら学習習慣が身につき、継続して学習できる通信教育
  • タブレットですぐに始められる、楽しく学習できる
  • ポイントエニタイムからの無料資料請求で、今なら100円分のポイントゲット!

2位 ユーキャン

  • 様々な講座があり、添削指導が受けられる
  • 自身のペースで学習を進められ、模擬試験でしっかり試験対策ができる
  • ポイントエニタイムからの申し込みで、今なら3500円分のポイントゲット!
ポイントエニタイムバナー_728x90

【結論】スマイルゼミとチャレンジタッチのおすすめの人をそれぞれ紹介

「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」を比較する前に、はじめにそれぞれのサービスがおすすめの人を紹介していきます。

あらかじめどちらの教材が自身に合っているかを少しでも把握していると、どちらを重視して検討するべきかわかりやすくなります。

それでは、それぞれのおすすめを詳しく見ていきましょう。

スマイルゼミがおすすめの人

スマイルゼミの特徴やメリット・デメリットを踏まえると、スマイルゼミをおすすめなのは以下のような方です。

  • 高性能のタブレットで快適に学習したい方
  • 学習の習慣をつけることを重視したい方
  • 学習量に合わせたゲーム機能でモチベーションを上げながら学習したい方
  • ゲームと学習のメリハリをつけて学習を進めたい方
  • タブレット1台で学習を完結したい方

上記の点に魅力を感じる方やこれらを重視している方は、スマイルゼミを重視して検討するのが良いと言えます。

\無料資料請求で100円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

チャレンジタッチがおすすめの人

チャレンジタッチの特徴やメリット・デメリットを踏まえると、チャレンジタッチがおすすめなのは以下のような方です。

  • お子さんの理解度に合わせて難易度を都度調整したい方
  • できるだけ費用をかけずに学習をしたい方
  • 学習をゲーム感覚で楽しみながら進めたい方
  • 紙教材でも学習したい方
  • 追加オプションを後から増やしていきたい方

上記の点に魅力を感じる方や、重視したいと考えている方は、チャレンジタッチを重視して検討するのがおすすめです。

スマイルゼミとチャレンジタッチ(進研ゼミ)の概要まとめ

スマイルゼミとチャレンジタッチをわかりやすく比較するために、はじめに概要として以下の項目をまとめていきます。

  • 対象学年
  • 学習教科数
  • 使用教材
  • 無料お試し
  • 運営会社
  • 運営歴

これらのポイントを把握すると、家庭状況やお子さんのニーズにマッチしたサービスを見つけやすくなります。

それでは各サービスの概要詳細を見ていきましょう。

スマイルゼミ


スマイルゼミの基本情報を把握できるよう、概要を下表にまとめました。

対象学年 幼児から中学生
学習教科数 基本5教科(中学講座は全9教科)
使用教材 タブレット
無料お試し 2週間の無料お試し
運営会社 株式会社ジャストシステム
会社運営歴 40年以上

スマイルゼミは、幼児期からのタブレット教育にも力を入れているのが特徴です。

\無料資料請求で100円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

チャレンジタッチ


同様に、チャレンジタッチの概要は以下の通りです。

対象学年 小学生から中学生
学習教科数 基本5教科(中学講座は全9教科)
使用教材 タブレット / 紙
無料お試し 期間限定でタブレット代無料の1か月お試しあり
運営会社 株式会社ベネッセコーポレーション
会社運営歴 65年以上

チャレンジタッチは、進研ゼミでおなじみの「ベネッセ」のサービスです。教育サービスとして知名度も高く、一度は名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

なお2つの概要に関しては基本的に同じとなっており、特に大きな違いはないと言えます。

スマイルゼミとチャレンジタッチ(進研ゼミ)を9個の項目で比較!

ここからは、スマイルゼミとチャレンジタッチの詳細を以下の9項目で比較していきます。

  • 料金
  • 初期費用
  • 月額の利用料
  • カリキュラム・教材
  • 追加オプション
  • 英語学習
  • タブレット性能
  • 添削機能
  • 学習状況の確認機能
  • お子さんのモチベーションを上げる機能
  • おまけ(付録)

教材の内容はもちろんですが、教育サービスはある程度継続して利用し続けることが大切です。そのためには、初期費用やランニングコストもしっかり比較して把握しておく必要があるでしょう。

さらに、勉強の習慣がまだ身についていないお子さんのことを考慮して、勉強意欲を高めてくれる工夫も求めたいところです。

スマイルゼミとチャレンジタッチを上記のポイントで比較することにより、お子さんにとってより良い学習環境を整えられます。

それでは、それぞれの項目を見ていきましょう。

料金

「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」の料金を下表にまとめました。

項目 スマイルゼミ チャレンジタッチ
月額料金(税込) 3,278円~ 2,980円~
タブレット代(税込) 10,978円 19,800円
(6か月以上継続利用で実質無料)
タブレットのサポート費用(税込) 3,960円/年 1,876円/年
オプション代(税込) ・英語プレミアム 748円~
・英検対策コース 3,278円〜
・オンラインスピーキング 990円
・プログラミング講座 2,980円
・中学受験講座 6,947円
・その他多数のオプションあり

上表からわかるように、月額料金やタブレット代・タブレットのサポート費用ではチャレンジタッチの方が低料金です(タブレット代は継続利用によります)。

ただしチャレンジタッチはオプションが多数あるのが特徴です。さまざまなオプションを付けることで、最終的に高くなる場合があります。

各サービスの料金を、初期費用と月額利用料に分けて詳しく見ていきましょう。

初期費用

「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」の初期費用を下表にまとめました。

スマイルゼミ チャレンジタッチ
・月額料金
・タブレット代(分割払い可)
・タブレット 安心サポート(任意オプション)
・その他オプション代
・月額料金
・チャレンジパッドサポートサービス(任意オプション)
・その他オプション代

チャレンジタッチでは、タブレット代が初期費用に含まれていません。6か月以上継続利用することで、タブレット代が実質0円になります。

一方スマイルゼミでは、課金開始月にタブレット料金が一括請求されます。ただし毎月払いコースの場合は、12回の分割払いも可能です。注意点として、スマイルゼミでは6か月未満で退会するとタブレット代が29,820円(税込)請求されます。

これらを踏まえると、スマイルゼミでもチャレンジタッチでも、申し込み時には継続利用を念頭に置くことが大事です。

なお、スマイルゼミもチャレンジタッチも、入会金や手数料などは発生しません。

月額の利用料

「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」の月額の利用料を下表にまとめました。

学年 スマイルゼミ(発展コースの追加料金) チャレンジタッチ
1年生 3,278円(+550円) 2,980円
2年生 3,520円(+990円) 2,980円
3年生 4,180円(+990円) 3,740円
4年生 4,840円(+990円) 4,430円
5年生 5,720円(+990円) 5,320円
6年生 6,270円(+990円) 5,730円

上記は参考として、小学生コースの月額料金を比較したものです。先述の通り、月額料金はチャレンジタッチの方がやや安価です。

スマイルゼミには通常コースとは別に、講座数や学習時間がより多くなった発展コースが提供されています。発展コースにした場合、スマイルゼミとチャレンジタッチの月額料金の差はさらに開きます。

カリキュラム・教材

「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」のカリキュラムと教材を下表にまとめました。

学年 スマイルゼミ チャレンジタッチ
1~2年生 国語・算数・英語・プログラミング 国語・算数・英語・プログラミング
3~6年生 国語・算数・理科・社会・英語・プログラミング 国語・算数・理科・社会・英語・プログラミング
紙教材 なし あり

スマイルゼミもチャレンジタッチもカリキュラムの科目はほぼ同じです。どちらの教材も基本の5教科を一通りカバーしているほか、プログラミングの授業も提供しています。

異なる点として、チャレンジタッチは紙教材が年2回ほど送られてきます。

追加オプション

「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」の追加オプションを下表にまとめました。

スマイルゼミ チャレンジタッチ
・英語プレミアム(HOP / STEP)
・英検対策コース
・オンラインスピーキング
・プログラミング講座
・考える力プラス小1~小2
・考える力プラス小3
・考える力プラス小4
・中学受験講座
・公立中高一貫校受検小5
・公立中高一貫校受検小6
・作文・表現力講座
・かがく組
・漢字計算くりかえしドリル
・国語算数発展ワーク小1~小2
・国語算数発展ワーク小3~小4
・国語算数ハイレベルテキスト

チャレンジタッチでは、数多くのオプションを追加できるのが特徴です。受験にフォーカスを当てたオプションや、考える力に注目したオプションなど、独自のサービスを展開しています。

一方で、スマイルゼミはシンプルなコース内容です。英語教育に力を入れていて、お子さんがより英語に興味を持てるようなサービスを提供しています。

注意点として、チャレンジタッチのオプションの豊富さは魅力ですが、追加オプションは有料です。オプションを追加すればするほど月額料金は高くなってしまうため、予算と相談しつつ慎重に決める必要があります。

英語学習

「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」の英語学習を下表にまとめました。

コンテンツ スマイルゼミ チャレンジタッチ
無料 ・英語学習の動機付け程度
・月に4講座の配信
・難易度の調整可能
・AIと英会話ができる
有料 ・学習量は通常の約3倍
・HOP/STEP/英検対策コース
・月額料金748円~
・専門講師との英会話
・1回990円~

スマイルゼミでは、幼児コースから標準で英語教材が提供されます。聞く・話す・読む・書くの4つの要素に注目したさまざまな学習方法を取り入れているのが特徴です。

イード・アワード子ども英語教材」で最優秀賞を獲得したこともあり、内容や実績は申し分ない内容と言えます。

なお、本格的に英語を身につけさせたいと思う場合は「英語プレミアム」をオプションにつけるとベターです。月額748円で、通常の学習量の約3倍の情報を取り込めます。ネイティブの英語に触れさせたい方に便利なオプションです。

一方でチャレンジタッチの英語学習では、標準コースの場合、AIキャラを使った会話を楽しめます。親しみやすい教材でお子さんの学習意欲を上げてくれます。

また有料オプションでは専門講師との英会話を実践できるのが魅力です。1回990円~と料金は高めですが、会話力を身に着けさせたい場合にうれしいオプションと言えます。

タブレット性能

「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」のタブレット性能を下表にまとめました。

項目 スマイルゼミ チャレンジタッチ
液晶サイズ 10.1インチ(1280×800) 10.1インチ(1280×800)
タブレットサイズ 180mm×270mm×10.2mm 192mm×272mm×16mm
本体重量 560g 640g
接続端子 Micro USB Mini USB
手をついて書く 不可
Androidタブレット可 不可

スマイルゼミのタブレットの最大の特徴は、画面上に手をついて書けることです。チャレンジタッチの場合は手を浮かせながらペンを走らせる必要がありますが、スマイルゼミのものはペン先の真横に手をおいても大丈夫です。

そのため、紙媒体に鉛筆で書くようなスタイルで学習できます。

なお、チャレンジタッチでもタブレットカバー部分には手をおけますが、画面内ではできません。書きやすさは集中力にもつながる部分であり、大きなポイントと言えます。

また、スマイルゼミのタブレットは厚みがなく、すっきりとして持ちやすい点も特徴です。また重量はチャレンジタッチのタブレットよりも80g軽いため、持ち運びする際の負担が軽減されます。

補足としてスマイルゼミのタブレットは、通常のAndroidタブレットとしても使用できるため、勉強が終わった後にインターネットや動画サービスを活用するのにも便利です。

これらを考慮すると、タブレットの性能や使いやすさはスマイルゼミの方が便利と言えます。

添削機能

「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」の採点機能を下表にまとめました。

採点機能 スマイルゼミ チャレンジタッチ
自動採点 あり あり
手動採点 なし あり

スマイルゼミには「自動採点機能」が備わっています。自動採点機能とは、答えを入力した瞬間に正解・不正解を判別してくれます。すぐに答えがわかると時短になり、かつスムーズに勉強を進められます。

なお、チャレンジタッチにも自動採点機能がついています。さらにスマイルゼミとは異なり、手動採点機能もついています。

進研ゼミの代名詞とも言える「赤ペン先生」による添削が算数と国語の授業で提供されていて、タブレット教材でありながら、実際に先生に教わっている感覚を味わえます。

学習状況の確認機能

「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」の学習状況の確認機能を下表にまとめました。

学習状況の確認機能 スマイルゼミ チャレンジタッチ
名称 みまもるネット おうえんネット
特徴 ・PCやスマホでお子さんの学習状況をグラフで確認できる
・勉強内容や時間を確認できる
・アプリで遊んだ時間も確認できる
・PCやスマホでお子さんの学習状況を確認できる
・実力診断テストの結果や正解率がわかる
・親子間のメール機能あり

スマイルゼミの学習状況の確認機能は「みまもるネット」で行えます。この機能は、お子さんの学習状況に通じておきたい親の方に便利な機能です。

現在の学習状況をすぐにスマホで把握できるほか、アプリでどれくらい遊んでいるかも視覚化できます。

また家族専用のタイムラインでお子さんとメッセージを共有できるため、連絡版のようにして学習内容を知ることも可能です。

一方で、チャレンジタッチの学習状況の確認機能は「おうえんネット」で行えます。おうえんネットからは毎週の学習状況がメールで送られるほか、1日の学習時間や正解率を確認できます。

どちらもお子さんの学習状況を把握する上では、万全の体制が整っていると考えていいでしょう。

お子さんのモチベーションを上げる機能

「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」それぞれの、お子さんのモチベーションを上げる機能を下表にまとめました。

スマイルゼミ チャレンジタッチ
・検索機能「Yahoo!きっず」が利用できる
・勉強後にゲームアプリで遊べる
・マイキャラクターのパーツや衣装がもらえる
・ゲームアプリや動画で遊べる
・新しいアバターやメールで使えるスタンプなどがもらえる
・約1000冊の本が無料で読める
・努力賞ポイントを貯めて賞品と交換できる

スマイルゼミのお子さんのモチベーションを上げる機能として、ゲームアプリやキャラクターグッズ・Yahoo!きっずの利用などが挙げられます。

ゲームアプリに関しては、学習を進めることでもらえる「スター」を集めるとゲームで遊べるようにしてあり、遊びと学習を上手に組み合わせた工夫がされています。

またキャラクターグッズに関しては、スターを使って自身の好きなキャラクターをカスタマイズできる仕様で、お子さんの好奇心に訴える特典内容です。

一方で、チャレンジタッチでもゲームアプリを楽しめます。学習するたびに「ジュエル」をもらえ、ゲームやアバターとの交換に使えます。

また小説や伝記・図鑑・名作など常時約1,000冊の本に触れられ、知的好奇心を刺激する工夫がなされています。

どちらのサービスでも、お子さんが楽しく学習できるような造りになっています。

おまけ(付録)

「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」のおまけ(付録)を下表にまとめました。

スマイルゼミ チャレンジタッチ
タブレット以外の送付される付録はなし ・実験グッズ
・ポスター

スマイルゼミには特におまけ(付録)はありません。ただしタブレットは通常のAndroidタブレットとして活用できます。

Androidにはネットサーフィンや動画・ゲームをするための機能が備わっているため、タブレットそのものが大きな付録とも言えます。

一方でチャレンジタッチのおまけ(付録)には、実験グッズやポスターが含まれます。例えば顕微鏡やロボットなど、お子さんが興味をそそられるコンテンツが多いです。

タブレット教材以外にも、おもちゃを通じて学習理解を深めらえる内容になっているため、モチベーションが高まりやすいと言えます。

\無料資料請求で100円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

比較してわかったスマイルゼミとチャレンジタッチのメリット・デメリット

ここまで9つの観点から「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」を比較してきましたが、それらを踏まえた両者のメリットとデメリットをまとめていきます。

メリットとデメリット両方を理解することで、どちらが自身やお子さんによりマッチするサービスかがわかります。

それでは詳しく見ていきましょう。

スマイルゼミのメリット

スマイルゼミの特徴を踏まえたメリットを、以下にまとめました。

  • 学習量に応じたゲームでモチベーションが上がりやすい
  • タブレットの性能が高く使いやすい
  • 新課程のプログラミングを他教科と関連付けて効率良く学べる
  • 英語プレミアムのクオリティが高い
  • ゲームの時間を制限できて勉強とのメリハリが付く

スマイルゼミで特筆できる点は、タブレットの使いやすさや拡張性の高さです。画面上で書きやすい仕様になっているため学習がスムーズです。

さらにAndroidタブレットとして使えるのも良い点です。お子さんのみでなく保護者の方も共用できます。

また英語教材に力を入れていて、お子さんに早くから英語に慣れ親しんでほしい場合にも便利です。

加えて学習とご褒美のゲームがほどよく区切られているため、メリハリを付けて学習を進められます。

これらを踏まえると、スマイルゼミは「英語教育を重視したい方」や「家族で使えるタブレットがほしい方」「お子さんの学習モチベーションを上げたい方」などにおすすめです。

\無料資料請求で100円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

スマイルゼミのデメリット

反対に特徴を踏まえた、スマイルゼミのデメリットを以下にまとめました。

  • 発展コースは有料になるものが多い
  • 難易度が比較的低め
  • 紙教材での学習ができない

発展コースになると学習レベルを引き上げられますが、月額料金が高くなってしまいます。チャレンジタッチでは同一料金で難易度の変更ができるため、この点は劣る点と言えます。

また全体的な傾向として、難易度はそれほど高くありません。より難しい問題を解いていきたい場合には不向きです。

他には紙教材がない点も、実際の学校のテスト形式に慣れるという意味ではデメリットになります。

ただし、難易度が比較的低めだからこそ、勉強に苦手意識があるお子さんにとっては挑戦しやすいとも言えます。

「勉強の習慣が確立されていないお子さん」や「より基礎的な内容から学習を始めていきたいお子さん」には、スマイルゼミがおすすめです。

チャレンジタッチのメリット

チャレンジタッチの特徴を踏まえたメリットを以下にまとめました。

  • 楽しく学習できる機能が豊富
  • 紙教材の学習もできる
  • 赤ペン先生の添削機能で不明点が放置にならない
  • 追加オプションが豊富
  • 無料で教科ごとに挑戦コースに変更できる

チャレンジタッチは紙教材を使えるのが特徴です。「タブレットも良いけど、紙の方がなじみやすい」という方のニーズにも応えています。

また赤ペン先生による添削機能は大きな魅力です。お子さんの勉強を第三者に確認してもらいながら進めていけるため、良い意味で緊張感のある学習になります。

さらに無料で「挑戦コース(ハイレベルなコース)」を利用できるため、安価でレベルアップを図りたい場合にお得です。

これらの点を踏まえると、チャレンジタッチは「紙教材とタブレット教材両方を使いたい方」や「手動添削機能がほしい方」「リーズナブルに難易度の高い問題を解かせたい方」などにおすすめです。

チャレンジタッチのデメリット

一方で、チャレンジタッチのデメリットを以下にまとめました。

  • 記述式問題が少なめ
  • 機能が多すぎて使いこなせない場合がある
  • 追加オプションは有料になるものが多い
  • おまけのゲームで遊び過ぎてしまう場合がある

チャレンジタッチの教材は記述式問題が少なめで、選択問題が多い傾向があります。例えば漢字の問題に関しては正解を選ぶ方式になっており、実際に書いて覚えさせるのは難しいと言えます。

また追加オプションは有料のものが多く、追加すると予算が圧迫されてしまいます。他には制限なしでゲームをすることも可能で、ゲームで遊びすぎてしまう可能性も考えられます。

ただし有料オプションに関しては、チャレンジタッチはもともと月額料金が安く設定されているため、追加し過ぎないのであれば、割高になるとは限りません。

また無料で問題の難易度を上げられるサービスがあり、標準のプランでも学習内容はある程度充実しています。

そのため「すでにある程度学習の習慣が身についているお子さん」や「教育資金をかけて、さまざまな発展した内容を学習させたい方」にとって、チャレンジタッチは良い選択肢になります。

【まとめ】スマイルゼミを利用したい方は資料請求しよう!

「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」はいずれもタブレットを使った新しいタイプの教育サービスです。どちらの教材にもお子さんの好奇心を刺激する工夫がされており、楽しく学習できるようになっています。

またここまで紹介したように、月額料金や追加オプションの多さ・タブレットの使いやすさ・英語教育の濃さなど、それぞれのサービスには異なる特徴があります。

お子さんのニーズや求める機能・サービスなどを比較考量して、よりマッチするサービスを選んでください。

なお、両者を検討した上でスマイルゼミに決めた場合は、すぐに公式サイトから申し込むのではなく、いったん資料請求をするようおすすめします。

資料には入会時のお得なキャンペーン情報が記載されており、よりお得にスマイルゼミを活用できるためです。DMが送られてきて、お得な特典を受けられることもあります。

特典例には1か月分の受講費が無料になったり、タブレットの補償サービスが1年分無料で使えたりとさまざまです。

さらに資料請求は「ポイントエニタイム」経由で行うと、100ポイント(1ポイント1円で交換可能)を入手できて、よりお得になります。

スマイルゼミ

\無料資料請求で100円分のポイントゲット!/

ポイ活サイト『ポイントエニタイム』経由で登録すると、ポイントがもらえる!

ポイントは様々な物に交換できるため、通常登録よりも断然お得!

   
ポイントエニタイムバナー_728x90
教育の関連記事
  • アロマテラピー検定は独学で合格可能!勉強期間やおすすめのテキストも紹介
  • インテリアコーディネーターは独学で合格可能?勉強時間や勉強法も解説
  • FP(3級・2級)は独学で資格取得できる?合格難易度や勉強方法も解説
  • 色彩検定は独学で合格可能?1級2級3級UC級の特徴や学習期間、効率的な勉強法を紹介
  • 社会保険労務士(社労士)は独学で合格できる?効率的な勉強法や必要な勉強時間も解説
  • 資格取得サービスformie(フォーミー)の口コミ評判!実際の利用者の感想・評価も紹介!